スキー [本/雑誌]
1投稿者:777  投稿日:2018年01月14日(日) 17時29分30秒

湯沢のスキー場の雪質が悪いからね

昨日の苗場は筍山ゲレンデでもカチカチのアイスバーンだったし

新潟は海に近いからベタベタ雪で、再凍結するとアイスバーンになるんだよ

谷川岳を超えた丸沼高原や たんばらスキーパークの方がサラサラ雪で湯沢や苗場なんかとは比較にならない。

それから、かぐら はトイレが汚すぎ

苗場はゴンドラで登っても初級者は大斜面を滑れないから乗る意味が無いんだ

第二高速リフトを稼働させないから初級者はダウンヒルコースとチャレンジコースを滑れない

西武は金儲けしか考えないからこんな事になったんだ


東京から子供をスキーに連れて行くとしたら

1.菅平
2.志賀高原
3.霧ヶ峰・蓼科
4.丸沼高原・たんばら
5.天神平


になるよね

湯沢、苗場は雪質が悪く、中国人ばかりなので絶対にNG
2投稿者:7  投稿日:2018年01月14日(日) 17時54分22秒

中国人はみんな初心者で初級コースに殺到するから

苗場とか日本人の初心者は危なくて滑れるコースが無くなるんだよ

中国人のスノーボーダーは板流しが多いから、みつまたとか苗場では、何時 誰も乗っていないスノーボードが飛んで来るかわからない

だから中国人の多い湯沢・苗場には子供を連れていけないんだ

中国人はスキー場で平気でバーベキューやったり、休憩所の布団を持って行ったりするしね
3投稿者:3  投稿日:2018年03月12日(月) 09時12分40秒

リフトはいつも空いてる

混んでるのは筍山スカイライン、大斜面、ダウンヒルコース

空いてるのは第二ゲレンデ

大斜面はボードの初心者の転倒が極端に多いから、アイスバーンの時は障害保険かけて滑った方がいいよ


特に私がお勧めだと思っているJCBの「日常生活賠償プラン」は月々150円の保険料で最高1億円の補償が受けられるのです。
JCBの「日常生活賠償プラン」の特徴をまとめると


■保険料は月々150円

■補償限度額は1億円

■家族全員が対象

■示談交渉サービス付き

■日常生活中の事故(自転車事故)にも対応

■加入も解約も自由に出来るので、スキーシーズンだけに絞って入ることが出来る(月々の契約です)


月々150円で家族全員が対象なのも見逃せないポイントですね。子供とスキーに行った場合、子供が相手にケガをさせてしまう可能性の方が高いと思いますので、家族全員適用なのは非常に嬉しいところと言えます。

また、示談交渉が付いているのもありがたいです。怪我をさせてしまった相手方との話し合いはそれだけでかなりのストレスになりますので、示談交渉をやってくれるのはとても助かります。

日常生活賠償プラン 新規開設!JCB「トッピング保険」
JCBカードのおすすめ保険
https://insurance.jcb.co.jp/cm/guide/topping/dailylife.html

JCBカードのトッピング保険「日常生活賠償プラン」
公開日:2014年6月9日 最終更新日: 2017年6月1日
https://sports-insurance.net/jcbcard-02.html
4投稿者:4  投稿日:2018年06月16日(土) 08時24分07秒

中国人は雪の上にタバコ ポイ捨てするから嫌なんだな



かぐらのゲレンデでバーベキューやったり、
三俣休憩所の備え付けの布団を持って行ったのも中国人だろ

中国人はもう入れるなよ
投稿者 メール
(゚Д゚) <