音楽・オーディオ [本/雑誌]
51投稿者:5  投稿日:2017年08月11日(金) 08時21分47秒
ゲルマン音楽はドイツ人にしか理解できない

カラヤンやトスカニーニやアンセルメがベートーヴェンやっても、ベートーヴェンにならないんだな
52投稿者:4  投稿日:2017年08月11日(金) 21時25分26秒
自分の作った曲を演奏してくれたら、どんな見当外れの演奏でも悪口は言わないというだけだろ

トスカニーニ聴いてるのは音楽がわからないアホだけ


具体的には

トスカニーニの第九第三楽章を平気で聴いていられるのは音楽が分からないという事

フルトヴェングラーはトスカニーニの第九第三楽章を聞いて狂人の音楽だと言ったんだ

ブラームスのピアノ協奏曲第二番でも同じ

ベーム・バックハウスはブラームスだけど、ホロヴィッツ・トスカニーニはブラームスになっていない

音楽にはそれに ふさわしいテンポが有るんだよ


真実を明らかにするとアラシ扱いされるというのは

このスレの住人は音楽がわかっていないという事だな

>トスカニーニのテンポがほぼ作曲者指定のものであることはご存知だろうか

第九のメトロノーム指示は間違っているというのが定説

間違ったテンポ指示通りに不自然なテンポで平気で押し通すというのが
トスカニーニが音楽をわかっていない証拠なんだな



735名無しの笛の踊り2017/08/11(金) 21:20:24.04ID:HLV9UQtH

そもそも昔はノンヴィブラート奏法だからテンポは速くなる

ヴィブラート奏法に変わっているのにテンポを昔と同じままにしているというのがトスカニーニのアホぶりなんだ
53投稿者: 投稿日:2017年08月14日(月) 07時14分12秒
>トスカニーニを目指した指揮者はたくさんいた


ドイツ音楽の伝統は一子相伝に近いから簡単には習得できない

楽譜にはすべてを書けないから専門家にしかわからない暗黙の決まりが沢山あるんだ

それでドイツ古来の伝統を完全に無視したトスカニーニのデタラメ解釈が人気出たんだな
54投稿者: 投稿日:2017年08月23日(水) 07時35分21秒
Interview mit Hilary Hahn und Paavo Järvi zum hr-Sinfoniekonzert am 21.3.14 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2GkpMeAsq54

「日本のブルックナー・ファンは全部男性?」ヒラリー・ハーンとパーヴォ・ヤルヴィの対話が面白い

フランクフルトでブラームスのヴァイオリン協奏曲とブルックナーの交響曲第3番を演奏した時のヒラリー・ハーンとパーヴォ・ヤルヴィの対話。思わず笑ってしまったのは、3分42秒からの二人の会話。

ハーンが『ブルックナーの聴衆ってどんな人たちでしょう?』とヤルヴィに聞くと、ヤルヴィは日本の聴衆のことを例に出します。
『とても可笑しいけど、ドイツ以外で唯一ブルックナーが演奏され、人々に愛されている日本ではブルックナー・ファンは全て男性なんですよ』と答えると、
ハーンは?という表情。
 ヤルヴィは続けて、『自分では気づかなかったが、日本から来たある人に言われて気がついた。満員の会場の聴衆は全て男性だった。
これがチャイコフスキーやラヴェルなどの美しくてロマンティックなプログラムだと女性や子供もいるのだけど』と答えます。
 ハーンは思わず笑い出し、『ブルックナーの作品は日本の男性のためにあるってことかしら?』とヤルヴィに聞くと、
ヤルヴィは『そのとおり!いまや我々は真理を発見した』と盛り上がります。
『ブルックナー自身日本人だったかも』とまで言っています(笑)

ジョークにしても、NHKじゃ流せないな、これ(笑)。
 
続けてヤルヴィは『ドイツではブルックナーがよく聞かれているのはおどろくばかりだ。ドイツの伝統だ』
『アメリカでブルックナーを演奏するのはリスクが伴う。ヒラリー・ハーンのようなスーパー・スターが来て
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏してくれないとチケットは売れない』とハーンにヨイショしています。
55投稿者:7  投稿日:2017年08月24日(木) 05時29分28秒

EMIのCDの音が酷過ぎるんでフルトヴェングラーは人気無くなったんだよ

海外版の LP の音はすごい良かった

LP の シューマン 春とコリオラン序曲のライブ録音が一番いい音で入ってたね

ああいう録音が多かったら今でも人気は続いていた
56投稿者:5  投稿日:2017年08月27日(日) 08時03分40秒
>いまだにトスカニーニを凌ぐ指揮者は現れない


そもそもベートーヴェンやブラームスの交響曲でもトスカニーニの評価はドイツの多くの指揮者より下なんだ

シューリヒトやクレンペラーにすら敵わない
57投稿者:7  投稿日:2017年08月27日(日) 11時14分49秒

トスカニーニを聞いていいと思った事一度も無いから他の人はどう思ってるか調べたのさ

やっぱり誰もトスカニーニをいいと思っていなかった、中学生以外はね

まあ、ジャズやロックみたいなアホ音楽を喜んで聞いてる大の大人も沢山いるから
トスカニーニ・ファンも同じ類なんだろうな

蓼食う虫も好き好きなんだな
58投稿者: 投稿日:2017年08月27日(日) 12時16分23秒
世の中、思っていても はっきりと言わない人間ばかりだからな
59投稿者:5  投稿日:2017年08月28日(月) 14時46分32秒

>今でもトスカニーニをお手本にする若手指揮者が多くいるのがいい証拠


楽譜の読み方とか楽器の奏法に関するドイツの伝統は簡単には習得できない

トスカニーニ式解釈ならバカでもチョンでも 1か月もあればマスターできる

それがトスカニーニをお手本にする若手指揮者が多くいる理由



831名無しの笛の踊り2017/08/28(月) 14:14:32.49ID:6nbAOplr

チェロ奏者がピンチヒッターで指揮者になっただけの素人



832名無しの笛の踊り2017/08/28(月) 14:45:40.00ID:Rta4v5cr

チェロ奏者だから対位法的な見方ができないんだ

それで平面的で単純な印象になってしまうんだ
60投稿者:4  投稿日:2017年08月28日(月) 20時08分22秒

チェリビダッケは元々フルトヴェングラーそっくりの演奏をしていたけど、本家本元と比べられて全然評価されなかったから
スタイルを変えて二流だけど何とか食べていける様になったんだ

>トスカニーニの何が若手の手本になってっているの?


過去の演奏の伝統を完全に無視して、楽譜を自分で勝手に解釈して演奏してもいいという安易さが受けたんだ
61投稿者:8  投稿日:2017年08月28日(月) 21時29分10秒
楽譜に指示をすべて書くのは不可能だから、作曲家の意図は口伝で弟子に伝えていたんだ

フルトヴェングラーはそういう情報をすべて学んで正しい解釈で演奏していた

トスカニーニは周りにそういう伝統を知る人間が一人も居なかったから、楽譜だけを頼りに自分で勝手に判断して演奏してたんだ

だから奇妙奇天烈な演奏をして、フルトヴェングラーは狂人の音楽だと呆れたんだな
62投稿者: 投稿日:2017年08月30日(水) 17時07分40秒
野村あらえびす の本読むとトスカニーニ・ファンになり

宇野功芳 の本読むとフルトヴェングラー・ファンになる

中学生は単純だからな
63投稿者: 投稿日:2017年08月31日(木) 19時42分32秒
>51年のバイロイトを推す奴は
>他を聴いたことあるのかと小一時間問い詰めたい


第三楽章を聞き比べると51年のバイロイトEMI盤だけが飛び抜けて優れているのがわかるよ

42年盤は全楽章すべて浅くて表面的だから話にならない
64投稿者:4  投稿日:2017年08月31日(木) 23時00分05秒

>第1楽章の深さ、ドラマティックさ


42年3月盤は外面的なんだよ
壮大さもバイロイト盤に到底敵わないしね

42年3月盤の人気はティンパニの音が凄いのだけが理由なんだ

フルトヴェングラーの戦中録音とかトスカニーニは中学生とか音楽がわからない人にだけ人気が有るんだ
65投稿者: 投稿日:2017年09月01日(金) 09時48分05秒
>僕がバイロイトを聴いて一番がっかりしたのはあのエンディングだ。
>あんだあのぐしゃぐしゃのボロボロは??


音楽がわからないからそう思うんだよ
ウォルター・レッグがEMI盤を編集した時に、乱れないで上手くエンディングした方を捨てて、
わざわざボロボロの方を使ったんだ

そもそもフルトヴェングラーは意図的にエンディングだけは一切練習させなかったんだ
66投稿者: 投稿日:2017年09月02日(土) 14時11分57秒
レッグは"vor Gott"のクレッシェンドを電気的に入れたりしてEMI盤の評価を絶対的にした天才だから、
ボロボロエンディングもこれ以外は無いとして選んだんだよ

バイロイトの元々のオリジナル・ライブは大した演奏じゃないけど、そういう演出で世紀の名盤に変わったんだ
67投稿者:7  投稿日:2017年09月03日(日) 17時35分30秒

NBCはドイツの地方オーケストラと同レベル


NYフィルはフランスやイタリアのオケと同レベル


オケのレベルは

ウイーン・フィル・ベルリン・フィル >> ドレスデン > ドイツの地方オケ, NBC >> NYフィル、フィラデルフィア、イギリス・フランス・イタリア・ロシアのオケ
68投稿者:4  投稿日:2017年09月03日(日) 17時42分26秒
指揮者のレベルは

ニキッシュ・マーラー・フルトヴェングラー・クナッパーツブッシュ >> ワルター・メンゲルベルク・ワインガルトナー・トスカニーニ >> カラヤン・ベーム・チェリビダッケ
69投稿者:8  投稿日:2017年09月04日(月) 05時04分25秒
この現代に 33年録音の運命を聴いてもね

SP録音は音色やホールトーンに優れているから、現代でもブルーノ・ワルター のウィーン盤とかは人気有るけど
トスカニーニのにはそういうSP盤ならではの良さが全然無いから聴く価値も無いんだ

トスカニーニより録音が良くて演奏も遥かにいいものが沢山あるしね:


Beethoven Symphony No. 5 - Wiener Philharmoniker-Klemperer (1968) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=MxF7hDsU-HY

Beethoven Symphony No.5 in C minor Op.67 by Evgeny Mravinsky-Leningrad Philharmonic - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=S9DfemLI5hw
70投稿者: 投稿日:2017年09月04日(月) 08時33分23秒
やっぱりベルリンフィルは アメリカやイギリスのオケなんかとは格が全然違うね

Testament release of Otto Klemperer conducting the Berlin Philharmonic
The complete concert of 31 May 1964 in the Philharmonie


Otto Klemperer Live With Berlin Philharmonic
https://www.youtube.com/watch?v=aC87U7EkCVk
71投稿者:8  投稿日:2017年09月04日(月) 09時14分30秒
しかし、運命というのは下らん曲だな

こういうのは中学生が聴いてればいいんだ

トスカニーニ・ファンも中学生レベルという事だ
72投稿者:6  投稿日:2017年09月05日(火) 14時56分07秒
中学生の時毎日聴いてたけど、今はもうね:


Beethoven Symphony No.5 Toscanini 1939 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qfMwzrqM6yo

Dvorak, Symphony No 9 , Arturo Toscanini,cond - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=hbESNzGSTAY

Mendelssohn Symphony No.4 Italy - Toscanini (1954) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=q1iLrxWmOIY
73投稿者: 投稿日:2017年09月05日(火) 15時14分18秒
オーケストラも格付けすると

ウイーン・フィル、ベルリン・フィル
>> アムステルダム・コンツェルトヘボウ、ドレスデン国立、ゲヴァントハウス
>> ドイツの地方オケ, NBC
>> NYフィル、フィラデルフィア、イギリス・フランス・イタリア・ロシアのオケ


NBCは音色はNGだけど バカでかい音が出せたのでトスカニーニの評価が高かったんだ

ワルターはNYフィルを指揮してから二流指揮者に転落した
74投稿者:4  投稿日:2017年09月05日(火) 20時45分38秒

チェリビダッケ語録


サヴァリッシュ→ 高校の校長がいいところ。音楽家ではなく、メゾフォルテのマラソンのスペシャリスト

クナッパーツブッシュ→ じゃがいも袋

トスカニーニ→ 無知蒙昧な指揮者

オーマンディー→ あんな凡庸な楽長が、なぜストコフスキーの後継者になれたのか。

ベーム→ ありゃ、くだらん。これまでただの1小節も音楽を指揮したことがない男。

カラヤン→ コカ・コーラだな

クーベリック→ 優れた音楽家だが、指揮者としては小物だ。誰もが肩を並べられる唯一の指揮者。

ブーレーズ→ リズムを機械的な者と理解すれば、それがブーレーズ

ムーティ→ 才能はあるが恐ろしく無知な指揮者

マゼール→ カントについて語る2歳児。無能なだけでなく、オーケストラにとって有害きわまりない指揮者

アバド→ まったく才能のない指揮者。ヤツのコンサートを1時間聞けば心筋梗塞を起こす。

カルロス・クライバー→ 私にとって我慢ならない指揮者。彼は音楽が何であるかを経験したことがない。


フルトヴェングラー→ いい時に死んだ。晩年は耳も聞こえなくなってまともな音楽が出来ていなかった
(この言をフルトヴェングラーの墓前で新聞記者に語った)
[チュリビダッケは戦前フルトヴェングラーのアシスタントを勤め、ドイツ敗戦の非ナチ化のときにベルリンフィルを指揮した。]

マーラー→ 彼の交響曲第5番の第1楽章を理解したなどという者はほら吹きで詐欺師。
マーラーなんぞいなくなってもまったく気にならない。マーラーは音楽史の中で最も痛ましい現象の一つ。

シェーンベルク→ まったくどうしようもない愚鈍な作曲家

ストラヴィンスキー→ ディレッタントの天才

ベートーヴェン→ 「運命」の第4楽章は最悪の作品で、間違った転調に満ちている。
「第九」の第4楽章の合唱はサラダ、それもぞっとするサラダ。「エロイカ」の最終楽章はひどいジョークだ。

オペラ→ 内容空疎で間違った芸術のならず者。オペラの指揮など不純な振る舞い

ウィーン→ ウィーンで生まれ育った者や文化だけが最高と思い込んでいる最悪の街。
私の生涯最悪のブルックナーの演奏はウィーン・フィルを指揮したものだ。
75投稿者:7  投稿日:2017年09月06日(水) 04時17分18秒
偉大なる指揮者を格付けすればこんな感じになりますか

SSS メンデルスゾーン ビューロー マーラー

SS ニキッシュ フルトヴェングラー トスカニーニ

S クナッパーツブッシュ ワインガルトナー ワルター クレンペラー



実際に聴いてみたいのは、何といってもマーラーですよ!!

「トスカニーニ等、マーラーと比較すれば問題にならない」とクレンペラーが証言していましたよね。

マーラーとトスカニーニは8歳しか違わなかったわけですし…。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1490912399
76投稿者:4  投稿日:2017年09月17日(日) 09時25分04秒
僕は唯の音楽ファンで、オーディオ・マニアではないですからね

オーディオ・マニアはジャズとか女性ヴォーカルとかアニメソングみたいなアホ音楽しか聴かないから、僕とは共通点がゼロなんですね

最近、youtube で聴く世界の名曲を

阿修羅 番外地7
http://www.asyura2.com/17/ban7/index.html

の複数スレに纏めています。

これから長期間にわたって少しづつ追加していきます。
77投稿者:7  投稿日:2017年09月26日(火) 08時19分15秒

18万円の QUAD ESL57 + 7万円の QUAD 404 よりいい音は絶対に出せないからね:


Q: 最高に音の良いスピーカー教えて下さい。 2012/2/15 rollingcyukunさん

A: papageno_eulenspiegelさん
クラシックを聴く場合に限定すれば、QUADのコンデンサー型を超えるものはまだ存在しないと思っています。
数ミクロンという極薄の振動膜に数千ボルトの高電圧をかけたうえ、それを挟む形の電極板に+と―の音楽信号を与えて
振動膜を震わせ音を発生させる仕組みで、一般的な、ラッパを箱に取り付ける形式と違って、音楽信号に固有音の色付けがされる要素を
極限まで排除したスピーカーです。

ドイツQUADでは、ESL57 の改良型である ESL63 の新品も、さらに現在も QUAD本社が量産している ESL2805/2905 も販売していましたが、
じっくり聴き比べたところ、音そのものの魅力ではやはり原点である ESL57を超えられていないと思います。
改良型では音像の定位や空間表現を改善する措置が加えられているのですが、やはりそのために音質への影響が避けられなかったのでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1181575751

QUAD
http://www.quad-hifi.co.uk/

QUAD 代理店 ROCKY international
http://www.rocky-international.co.jp/quad_index.html

ドイツ QUAD (QUAD Musikwiedergabe by Manfred Stein)
http://www.audiencejapan.com/QUADMusikwiedergabebyManfredStein.html
http://www.soundbox.co.jp/QUAD/japanese_1.htm

ドイツ QUAD の代理店 サウンドボックス
http://www.soundbox.co.jp/

QUAD ESLスピーカーの修理で定評あるサウンドポイント55
http://www.geocities.jp/soundpoint55/index.html
78投稿者:7  投稿日:2017年09月26日(火) 10時44分10秒
何も知らないアホはステレオサウンドを読んで、B&Wの低能率スピーカーとゴールドムンドや FMアコースティックの100Wの高出力アンプを買う

知識が有る人は95dB以上のイギリスのアンティーク高能率スピーカーと国産ガレージメーカーの2W乃至25Wの低出力アンプを買う

B&Wの様な低能率スピーカーだと500万円以上かけないと まともな音にならない

イギリスのアンティーク高能率スピーカーだと100万円もかけなくても過去最高水準の音質で聴ける
79投稿者: 投稿日:2017年09月26日(火) 10時52分08秒
イギリスのアンティーク高能率スピーカーのお薦めは

QUAD ESL57
ローサー
ヴァイタボックス

ここら辺を参考にしてね:

Vintage Audio(ヴィンテージ オーディオ) 1950年代のHiFi Audio販売・修理・レコード販売
http://vintage-audio.jp/

サウンドポイント55
http://www.geocities.jp/soundpoint55/index.html
80投稿者:6  投稿日:2017年09月26日(火) 13時49分30秒
キット屋倶楽部 キット屋コラム 私のオーディオ人生
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/index.html

ウエスタンラボ オンラインショップ
http://westernlabo.net/

Audio Labオーディオラボオガワ ホーム-TOP INDEX
http://www.audiolab.co.jp/
81投稿者:7  投稿日:2017年10月05日(木) 10時04分54秒
EAR912は初めて聴きましたが、高域が非常に細やかで繊細な音、柔らかくまろやかでなめらかな麻薬のような蠱惑的な音色。

白昼夢を見ているような印象で、温度感が高く色彩感がある。

エッジが一切立たないのでボーカルしか聴けない音だが魅力を感じるプリアンプ。

EAR534やEAR890パワーアンプは鮮麗で切れ込みがあるシャープな音で

ここまでマイルドな音なのかと驚きました。プリアンプはEAR912以外はいまいちな印象ですね。
https://ameblo.jp/507576/entry-12316786979.html
82投稿者:8  投稿日:2017年10月06日(金) 14時37分32秒
ヨシノトレーディングのブース

EAR912はポール・マッカートニーやケイト・ブッシュが使っているとはヨシノの関係者の弁。

高域が繊細で濃厚な色彩感の滑らかな音、柔らかすぎてボーカルしか聴けない音ですが。

Sonus faberとOCTAVE MRE220との組み合わせではなぜかマイルド過ぎる印象だが、

不思議とEAR509Uモノラルパワーアンプとのシステムでは鮮麗な切れ込みの良さが出る。

推察するとスピーカーの性質に寄るものだろう。今回のイベントでもっとも好きな音でした。
https://ameblo.jp/507576/

83投稿者:9  投稿日:2017年10月30日(月) 15時45分16秒

今はタダで幾らでも名演が聴ける様になったからね:

「2018年度版!」「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法について


YouTube動画変換 - MP3、MP4、AVIダウンロード
https://www.onlinevideoconverter.com/ja/video-converter


QUAD ESL を18万円で買えば過去最高の音質だしね:

Q: 最高に音の良いスピーカー教えて下さい。 2012/2/15 rollingcyukunさん
最高に音の良いスピーカー教えて下さい。
音の良し悪しは個人差があると思いますがあなた様が良いと思うスピーカーを教えて下さい


A: papageno_eulenspiegelさん
クラシックを聴く場合に限定すれば、QUADのコンデンサー型を超えるものはまだ存在しないと思っています。

数ミクロンという極薄の振動膜に数千ボルトの高電圧をかけたうえ、それを挟む形の電極板に+と―の音楽信号を与えて
振動膜を震わせ音を発生させる仕組みで、一般的な、ラッパを箱に取り付ける形式と違って、音楽信号に固有音の色付けがされる要素を極限まで排除したスピーカーです。
拙宅では現在、旧いタンノイのGRF(モニターゴールド)、最近導入したハーベスのHL-P3ESRを含めて3種類をおいていますが、
結局、ほとんどQUADのESL57しか使わなくなってしまいました。

ドイツQUADでは、ESL57 の改良型である ESL63 の新品も、さらに現在も QUAD本社が量産している ESL2805/2905 も販売していましたが、
じっくり聴き比べたところ、音そのものの魅力ではやはり原点である ESL57を超えられていないと思います。
改良型では音像の定位や空間表現を改善する措置が加えられているのですが、やはりそのために音質への影響が避けられなかったのでしょう。

サウンドポイント55
http://www.geocities.jp/soundpoint55/index.html



84投稿者: 投稿日:2017年11月08日(水) 10時25分47秒
この D/A が中古で出るまで待っているのが一番良さそうですね:

Resonessence Labs
INVICTA MIRUS RSL-INVM DAC(D/Aコンバーター)
最安価格(税込):\679,800
入力:OPT×1 COAX×2 USB 
出力:RCA×1 XLR×1 
対応:ハイレゾ 
発売日:2013年07月01日 JAN
幅x高さx奥行 220x50x282 mm
重量 2.9kg
http://kakaku.com/item/K0000519069/spec/?lid=spec_anchorlink_details#tab

しかし、何れにしろ Shure のカートリッジでLPを聴くのが一番奥深く幽玄で柔らかい音でしたね。
85投稿者: 投稿日:2017年11月09日(木) 07時11分49秒
>オーディオ界って、
カオスというかカルトっぽくなるので
>理系肌的には敬遠してます。
「論理立って解析できない世界であるうちは
気持ちよく聞ければ、それで良いじゃん。」
って、いうと怒られるしw


おまい、波動方程式解けないだろ
三相交流理論やグラフ理論も知らないんだろ

偏微分方程式も解けないアホにはオーディオは理解できないだけさ
86投稿者: 投稿日:2017年11月09日(木) 21時25分02秒
まあ、

高いオーディオ製品買ってるのはアホ音楽しか聴かない人間ばかり

というのが一番問題なんですけどね

毎週クラシックの演奏会に行ってるマニアもいるけど、何故か酷い演奏家ばかり聴いて、しかもそれで感動までしてる。

音楽は大人になってから聴き始めても理解できないんですね。
87投稿者: 投稿日:2017年11月23日(木) 16時18分14秒
音楽より数学の勉強した方がIQが高くなるよ

音楽ならブルックナーみたいな知恵遅れでもできるけどな
88投稿者: 投稿日:2017年11月23日(木) 22時56分09秒
音楽やってる人間は数学や物理ができないアホしかいないからな

暗記ばかりやってるから思考力が無くなるんだな
89投稿者: 投稿日:2017年11月25日(土) 17時24分24秒
音楽やってるのはブルックナーみたいな知恵遅れが多いだろ

日本語も満足に書けない、微分積分すらできないアホが平均的
90投稿者:5  投稿日:2017年11月28日(火) 09時23分47秒
ホロヴィッツやハイフェッツより下手なら楽器を弾く意味ないだろ

騒音公害を撒き散らしみんなが迷惑するだけ
91投稿者: 投稿日:2017年11月29日(水) 13時55分52秒
文学ファンは小説を自分で書かないと他の小説も理解できないの?
92投稿者:4  投稿日:2017年11月30日(木) 10時11分20秒
下手な演奏を聞かされると曲のイメージが崩れて音楽が嫌いになる

ホロヴィッツより下手だと自覚してるなら人前では弾くなよ
93投稿者:7  投稿日:2017年12月01日(金) 06時10分03秒

頭いいと言っても微分積分も行列計算もできないんだろ

高卒と知能は全然変わらないな

そもそも偏微分方程式も解けないアホじゃあ、倍音というのがどういうものかも理解できないだろ
94投稿者: 投稿日:2017年12月03日(日) 08時52分54秒
一番肝心の事がわかってないみたいだけど

楽譜を読みながら聞くと左脳で音楽を捉えるから文章を理解するのと同じ聴き方になる

聞き専は右脳で音楽を捉えるから芸術作品として音楽を聴いている

楽器を弾く人間は芸術作品としては音楽が聴けないから、音楽を聴く意味が無いんだ

ピアニストがピアノを弾くのは大工が仕事してるのと何も変わらない
95投稿者: 投稿日:2017年12月03日(日) 12時17分25秒
楽譜見なくても、ドレミファと音を同定しながら聞いているから文章を音読してるのと変わらない

左脳を使って聴いていたら音楽は理解できないんだ
96投稿者:4  投稿日:2017年12月03日(日) 13時08分19秒
右脳と左脳は機能が全然違うよ:
 右脳だけで生きている人間はいない。だが、ハーバード大学の女性脳科学者ジル・ボルト・テイラー博士は
37歳のある朝、とつぜん脳卒中に見舞われ、左脳が機能しなくなり、回復するまでの期間、
右脳のみで生きることになった。
 そのときの感覚を博士は、自分の体が溶けて(つまり固体ではなく流体になって)、
宇宙と一体になったみたいだという。左脳の方向定位連合野は自分の体がどこから始まりどこで終わるかを
判別しているが、ここがやられると肉体の境界線がなくなってしまうのだと。
 話は変わるが、現場でセックスをしていて自分を明け渡すような深いオーガズムを迎えそうになったとき、
「溶けちゃう!」と言い出す女の子がいる。深いオーガズムへのプロセスでは、
「スタッフとかまわりの人が1人ずついなくなり、最後には私もいなくなった」と言う子もいた。
また、ある女性はオーガズム後のインタビューで、「宇宙とか世界とか、
いろんなものをひっくるめて全部私なんだ」と語った。

 左脳には、右脳が感じた情報を時間軸に沿ってきちんと整理し、分析して、
言葉化する機能が備わっている。
それに対して右脳はこの瞬間瞬間を感じ取るだけだ。だから右脳にとっては過去も未来もなく、あるのは現在だけである。
 セックスの最中に相手のテクニックを過去の男と比べる子がいる。
自分が密かに想いを寄せる人からされてるんだと
妄想しながらしている子もいる。これらは意識が過去や未来に行っているわけだが、
オーガズムは自分が今この瞬間にいないかぎり絶対に起きない。
 テイラー博士は著書『奇跡の脳〜脳科学者の脳が壊れたとき』(竹内薫訳、新潮文庫)の中で、
右脳の世界をこんなふうに記している。
 〈左の脳の「やる」意識から右の「いる」意識へと変わっていったのです。小さく孤立した感じから、
大きく拡がる感じのものへとわたしの意識は変身しました〉
 〈左脳は自分自身を、他から分離された固体として認識するように訓練されています。
今ではその堅苦しい回路から解放され、わたしの右脳は永遠の流れへの結びつきを楽しんでいました。
もう孤独ではなく、淋しくもない〉

 〈この体験から、深い心の平和というものは、いつでも、誰でもつかむことができる
という知恵をわたしは授かりました。
涅槃(ニルヴァーナ)の体験は右脳の意識の中に存在し、どんな瞬間でも、
脳のその部分の回路に「つなぐ」ことができるはずなのです〉
 テイラー博士の受けた治療とは左脳の機能を取り戻すことだったのだが、その過程で別の学者2人が、
チベットの僧侶とフランシスコ会の修道女を呼んで、
ある実験をした。僧侶と修道女には瞑想や祈りをしてもらい、そのときの彼らの脳内を画像に撮った。
すると、瞑想のクライマックスや神と一体になったとき、言語中枢そして方向定位連合野の活動が減少し、
右脳が前面に出てくることがわかった。つまり、テイラー博士は科学者だけに、
自分の体験のみならず、第三者の検証をもって自らの考えを二重に証明したことになる。
今は左脳が尊重される世の中だ。分析も論理も計算も言語も、そして右脳をコントロールするのも、
それは左脳の働きである。
だが、その左脳から右脳が自由になったとき、博士は悟りとも言える境地に達した。
一般の人でも利他や慈悲の境地に至る方法論と言われる「マインドフルネス」について見ていきたい。
http://blog.livedoor.jp/yoyochu/archives/54689464.html

演奏家は左脳を使って音楽を言葉として解析してるから、音楽の専門家みたいに思われているけど
実際には音楽を深い意味や内容を全く理解できていないんだ
97投稿者:4  投稿日:2017年12月03日(日) 15時59分48秒
ホロヴィッツやハイフェッツより下手な演奏を聴かされると腹立って仕方がないから
人前では絶対に弾くなよ
98投稿者: 投稿日:2017年12月03日(日) 20時37分50秒
画家でなくても絵や彫刻の芸術的価値はわかるだろ

小説家でなくても文学の価値はわかるだろ

音楽だけは楽譜が読めないと理解できるないと思い込んでるのが音大のアホ学生だな
99投稿者:7  投稿日:2017年12月03日(日) 22時05分55秒
わからないバカだな

音を聴く時にドレミファという言葉が一緒に聞こえてくると
作曲家が意図した音楽の本来の意味が分からなくなるんだよ

楽器を弾くには楽譜を読めないといけないけど
音楽の表現する意味を理解するには楽譜を読めない方がいいんだ
100投稿者:5  投稿日:2017年12月03日(日) 22時11分06秒
私は音楽系の仕事をしており、過去に ピアノ・エレクトーン の指導をしていた事もありますが
私もそうですが、会話や音全てが意識せずとも 「ドレミファソラシド」 で聴こえて
仕事に集中したい時や体調が悪い時は もう煩わしくて仕方ありません。(T T)

「絶対音感」 がもてはやされている昨今ですが、音楽の仕事をしている者でもプライベートな時には とても煩わしい技能です。

好むと好まざると関わらず 全てが 「ドレミファソラシド」 で聴こえるのですから、イライラする事もありますよ。

仕事の時だけです。役に立つのは...。
音がする限り 頭の中が常に騒音で満ちています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q149116509
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加