相場 [本/雑誌]
114投稿者: 投稿日:2017年12月01日(金) 17時30分48秒
>2年前からどれだけ株価上がってるの(笑)

株価は対数グラフで見るものだからね

比率では大して上がっていない

今、エリオット波動の第五波が終わった所だから、暴落が近い

株価のボトムは 4か月サイクルで繰り返している

2/12→6/24→11/9→4/17→9/8→1/25頃

1/25頃から戻りがあるから、そこが次の買い場だ
115投稿者: 投稿日:2017年12月03日(日) 08時36分56秒
そもそもテクニカル分析が当たる確率は良くて6割程度だ

需給が変わったら予測の前提が崩れるからな

選挙が決まって、空売りしていた外資が慌てて買い戻したから暴落が途中で止まっただけさ

因みに、宮田は相場予測にエリオットもテクニカルも使っていない

証券会社は AIで予測するからな:

月400円であなたにも使えるAI(人工知能)予想。6連勝中の日経平均予想 AI、年末相場の結論は?
http://www.mag2.com/p/money/339317

いまや株式・為替市場で無視できない存在となったAIを使ったアルゴリズム取引やコンピューターによる超高速取引。個人投資家はこれらにどう対応すべきでしょうか?
ひとつの対抗手段として、月400円で人工知能を味方につけられるサービス「AI日経平均予想ツール」をご紹介します。

師走相場の日経平均はどこまで上がる?高的中率AIがズバリ予想

6カ月連続的中、当たり屋人工知能の「GROWIN」

2017年の日経平均株価は、衆院選後の10月に史上初となる16連騰を記録、
11月7日には25年ぶりとなるバブル崩壊後の戻り高値を更新するなど、
年初からは大幅に上昇して今年の取引を終える公算が高くなっています。
もっとも、この株高を予想するのが簡単だったかと言えばそうではありません。
特に今年前半は国内の政局リスクや北朝鮮リスクが強く意識されたこともあり、「上昇相場に乗り切れなかった」との声が多く聞かれるのが実情です。
しかしそのような中でも、この「予想外の株高」をズバリ的中させていた“投資家”
は確かに存在していました。それが、AI(人工知能)を活用した、まったく新しい投資分析ツール『日経平均AI予想「GROWIN」』です。

あなたにも使えるAI(人工知能)予想

GROWINについて詳しく見る
https://gro-win.jp/index_20171114_moneyv.php 👀
116投稿者: 投稿日:2017年12月03日(日) 08時45分02秒
因みに、上の AI(人工知能)の予想は

勝率75%, 損益+14% だ。

俺は柴田罫線とP&Fだけ使った予想で、今年は32%資産を増やしたから
俺の方が AI(人工知能)より相場予測能力は上なんだな
117投稿者:5  投稿日:2017年12月04日(月) 19時26分16秒
日経の24000円からの大暴落、ビットコインの13000円大暴落、そしてNYの大暴落

いずれも最後の打ち上げ花火をあがるように大幅上昇を人為的に起こしてからぶん投げる。

5.23の時も例外ではなかった。素人でも上昇に浮かれなければ結構予測しやすいもんだよ。
118投稿者: 投稿日:2017年12月04日(月) 21時35分50秒
>>619 はprimary波第一波が extension してない時は正しい

primary 第一波が extension しているなら、primary 第五波が3万円まで届かないで、下降トレンドに入る事になるから
近い将来、日本経済が完全崩壊するという事になる
119投稿者: 投稿日:2017年12月05日(火) 09時50分39秒
宮田のカウントが正しければ、

cycle 第五波 = primary 第五波 が3万円まで届かない、

そしてそこから cycle A波 のこれから何十年にもわたる下降トレンドに入るという事だ

日経平均は2000円、3000円まで下がる
120投稿者: 投稿日:2017年12月05日(火) 18時40分36秒
日経が今 primary 第三波 とするには上昇角度が緩すぎるんだよ

日銀の買いで何とか下がらないというだけだから、 primary 第5波の可能性が高い
121投稿者:7  投稿日:2017年12月25日(月) 08時57分45秒
ヤマハ7951 を見ても、既に第五波が終わって下降トレンドに入って、今はB波だろ

日経平均もヤマハと同じカウントで動いている


C波のボトムの時期は4か月サイクルでわかる

株価のボトムは 4か月サイクルで来てる

2/12→6/24→11/11→4/21→9/8→1/25頃

1/25頃から戻りがあるから、そこが次の買い場だ
122投稿者:JT  投稿日:2017年12月25日(月) 17時40分13秒
去年の権利落ち後はわずか1月で350円近く下落
つまり去年の配当70円の五倍の下落!
一昨年の権利落ち後の下落幅はおよそ700円!
要注意なんだ是な!❀(*´◡`*)❀
( ゚∀゚)ガハハカハハハカハハアハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \
123投稿者:JT  投稿日:2017年12月26日(火) 15時57分27秒
直近2回の権利落ち日の株価

・2016期末(配当66円)
 12/27 3,922
 12/28 3,839(-83円)

・2017中間(配当70円)
 6/27 4,128
 6/28 4,065(-63円)

・2017期末(配当70円)
 12/26 3,720
 12/27 ???

だいたい配当分下げているので明日は3,650付近と思われます
問題は明後日以降の動きですが、1~2週間ほどで戻して欲しいものです
124投稿者:JT  投稿日:2017年12月30日(土) 08時44分39秒
2016年大納会終値3,844円→2017年大発会始値3,882円=騰がった

2015年大納会終値4,471円→2016年大発会始値4,480円=騰がった

2014年大納会終値3,328円→2015年大発会始値3,288.5円=下がった

2013年大納会終値3,420円→2014年大発会始値3,455円=騰がった

2012年大納会終値2,440円→2013年大発会始値2,550円=騰がった

2011年大納会終値362,000円→2012年大発会始値373,000円=騰がった

2010年大納会終値300,500円→2011年大発会始値304,500円=騰がった

2009年大納会終値313,000円→2010年大発会始値320,0000円=騰がった

2008年大納会終値295,000円→2009年大発会始値300,000円=騰がった

2007年大納会終値668,000円→2008年大発会始値678,000円=騰がった

過去10年、9回騰がり、1回下がり。
こういうのをご祝儀相場というのでしょうか?。高い確率で大納会終値より大発会始値が高いです。
125投稿者:3  投稿日:2017年12月31日(日) 19時47分39秒
アメリカのエリオットの専門家のカウントを見れば、宮田さんのがデタラメだとわかるよ:

JPN225 Charts and Quotes — TradingView
https://www.tradingview.com/chart/JPN225/jvtmik67-Observation-JPN225/
126投稿者:4  投稿日:2018年01月01日(月) 11時38分46秒
>TOPIXの円建てでは理論では第5波と読めない、で筋が通るの?

エリオット波動は元々NYダウにしか適用できない理論だったからね
個別企業のチャートではエリオット波動は理論通りにカウントできない
日本株も売買の7割が外資になってから、ドル建てでないと理論通りにはカウントできなくなったんだ
127投稿者:4  投稿日:2018年01月22日(月) 18時32分00秒
>ここは長期取引はほぼいない。

幹部は全員財務省出身だし、絶対に潰れない会社だから10年、20年持ち続けるのが正解

こういう会社の場合は、株価が1/3になっても1/10になっても 一切動かず ずっと持ち続けるのが結局 一番収益が高くなる

相場というのは本来つまらないものなんだ。
何もしないのが一番儲かるんだから
128投稿者:JT  投稿日:2018年01月22日(月) 18時36分16秒
そもそもここが半値になったら配当率は年8%になるだろ

絶対に有り得ないんだよ
129投稿者:5  投稿日:2018年01月31日(水) 17時00分02秒
646山師さん2018/01/31(水) 15:12:06.06ID:pT1vaEQ9>>658

日銀のETFは複数の機関が請け負っていてオペ自体は13時以降14時くらいまでらしい







130投稿者:2  投稿日:2018年02月04日(日) 10時06分21秒
>企業の成長には経営理念が重要ですが、【タバコ製品を世界に売りまくり人々の健康を害して不幸にする】では成長出来る訳が無い。
>まともな経営者なら新たな事業展開を打ち出して人々を幸せにする経営理念にするのが当たり前。


この論理で言えば、遺伝子組み換えで悪名高いモンサントとかゴールドマンサックス、軍需産業は真っ先に潰れないといけないけど、事実はその逆だからね
131投稿者:5  投稿日:2018年02月05日(月) 17時33分09秒
(20 週サイクルボトムを付けた可能性)
日経平均は
17

9

8
日からの
20
週サイクルが一巡するタイミング (2

2
週までが目安 ) を迎えている。 1

31
日安値 (23,098
円 ) は、日柄面と水準面の両方で、 20
週サイクルボトムとしての条件を満たしている。

こ の 見 方 が 正 し け れ ば 、既 に 新 た な
20
週 サ イ ク ル が 始 ま っ て い る こ と に な り 、こ の サ イ ク ル は
7
月頃まで続
くだろう。このサイクルの中で日経平均は、 1

26
日高値 (24,129
円 ) を大きく上回ることになるだろう。
132投稿者:JT  投稿日:2018年02月08日(木) 14時26分05秒
下がっても配当利率5%貰って1年位放置しておけばいいだけだろ

絶対に潰れない株だから、売った買ったはやらない方がいいんだ
133投稿者:7  投稿日:2018年02月16日(金) 09時37分47秒
そもそも日本の貿易黒字がこれだけ大きいんだから、ダウが暴落したら日本企業は儲けたドルをすべて円に変えて本社に送る

そうなると1ドル=70円は覚悟しないといけない

そして輸出企業はすべて来季大赤字になり、宮田さんみたいにPERが低いからまだバブルではないとかいう予測はすべてデタラメだとわかる
134投稿者:7  投稿日:2018年02月18日(日) 16時56分56秒

NYダウは柴田罫線で売り法示が3つも出てるから、B波上げ修了

来週からC波下げだね

日本株も外人が売り続けて日本人が買い始めたから もうピークだね

宮田さんのカウントは全部デタラメ
135投稿者: 投稿日:2018年02月20日(火) 09時54分48秒
ドル表示の月足のエリオット波動をカウントしないとわからないよ

2009.04 の 10.91$ から 2016.04 の 45.09$ まで5波上げ

2016.11 までA波下げ
5波上げ幅の 38.2%下げの 32.03$ で反発して 2017.05 の 38.32$のB波ピーク
その後、今はC波下げの途中で、目標値は第四波ボトムの 2014.12の 25.94$ より少し上かな
136投稿者:5  投稿日:2018年02月21日(水) 22時20分03秒
宮田さんのカウントが正しかった事は過去一度も無いよ

というより、最初から値動きを想定してそれに合うカウントにしているだけだからね
137投稿者:6  投稿日:2018年02月24日(土) 10時28分57秒
外国ファンドの影響か、最近異常なまでに売り込まれる銘柄が目立つ。ここ2年間程度でも、メガバンク、キャノンなどは配当利回り5%を超えるまで売り込まれた。逆に言えばそのときこそチャンスということなので、普段から優良株に目を付けて観察しておくことが大切だと思う。
138投稿者:5  投稿日:2018年03月01日(木) 14時25分09秒
株は安い時に買って、上がっても下がっても絶対に売らないのが一番儲かるんだ


俺は90日サイクルで9月が底値になるとわかっていたから、9月に上昇始めた時に全力買いして3割儲けた
139投稿者:7  投稿日:2018年03月01日(木) 18時24分38秒

そもそもテクニカルの的中率は6割だというにが常識だからな

相場は需給がすべてだから、需給が急変したら予測と変わって来るというだけさ

因みに、宮田はテクニカルもエリオットも予測に使っていない

上から予測を指示されるからな
140投稿者: 投稿日:2018年03月02日(金) 10時55分59秒
>こんな時はチャート分析に頼るしかないのでしょうか? 

JT はドル表示のチャートでエリオット波動をカウントしないと絶対にわからないよ

円表示のチャートだと今 C波の最終局面だという事すらわからないから
見当外れの予測をするアホが沢山出て来るんだ
141投稿者:5  投稿日:2018年03月02日(金) 13時13分09秒
今は 5波上げの後 3波下げの途中

1.前の上昇推進波 (第1波〜第5波) の値幅の内部リトレースメント
前のボトム 10.9
前のピーク 45.1
C12 = peak - (peak - bottom) ・0.500 = 28.0
C13 = peak - (peak - bottom) ・0.618 = 24.0


2. A波の値幅を使った代替価格予想
A波ボトム 31.7
B波ピーク 38.3
C21 = B - (peak - A) ・0.618 = 30.0
C22 = B - (peak - A) ・1.000 = 24.9


3. B波の値幅の外部リトレースメント
C31 = B - (B - A) ・1.272 = 29.9
C32 = B - (B - A) ・1.618 = 27.6

この中で二つか三つが近接した所が目標値になる
142投稿者: 投稿日:2018年03月06日(火) 11時11分33秒
リーマン後安値から約9年間に渡って続いてきた上昇相場は
平行なチャネルでなくて先細りのリーディング・ダイアゴナルになってるね

エリオット波動研究所の日経平均のカウントは
サイクル第1波の上昇波が1月23日に終了し、今は既にサイクル第2波の下降波に入っているという事か
143投稿者: 投稿日:2018年03月10日(土) 10時44分12秒
1波進むのに何年もかかるのに、1日上がっただけでカウントが正しいとか妄想してるアホ工作員がいるんだ

証券会社は持ち株を超高値で売りつけるアホ投資家を作る為に必死に扇動してるのさ
144投稿者:7  投稿日:2018年03月22日(木) 08時25分20秒
2018.03.22
 企業の決算対策売りはもう終わっている時で、逆に3月の権利取りの入る最終局面で、需給は悪くありません。いよいよ4月相場を念頭に置いた動きが始まるところです
145投稿者: 投稿日:2018年03月23日(金) 08時23分37秒
>信用買いが増えるということは、上がると思う人が多いという事

違うよ
空売りしてた人が全員買い戻して、信用買いだけが残っただけ

天井圏では空売りが多くなり
底値圏では信用買いが多くなる

というだけ

AIは行き過ぎるのが特徴だから、今買って7月までキープしてれば儲かる
146投稿者: 投稿日:2018年03月23日(金) 08時51分39秒
日経の株価のボトムは 4か月サイクルで来てる

2/12→6/24→11/11→4/21→9/8→2/14→7/14頃

7/14頃に次のボトムがあるから、今買って5月のピークで売れば儲かる
147投稿者: 投稿日:2018年03月23日(金) 08時54分34秒
本来の長期投資っていうのは

一度買ったら絶対に売らない
配当で押し目買いする
148投稿者: 投稿日:2018年03月23日(金) 15時30分12秒
中国の持ってる米国国債はFRBが買い取る米国国債より遥かに少ないから実際の影響なんか無いんだよ
149投稿者: 投稿日:2018年03月24日(土) 07時47分29秒

>90日サイクルから9月は大暴落投資法も死んじゃったんだ


サイクル理論では1%下がっても大暴落というんだよ

前後の値より下がってボトムになればいいんだ


エリオット波動では フラット コレクションで実際には株価が暴騰していても
波動理論上では大暴落と言うんだ

そういうテクニカル用語の使い方を知らないアホが

株価が上がったから宮田のカウントが正しかったとか勘違いしてしまうんだな
150投稿者: 投稿日:2018年03月24日(土) 07時50分44秒
テクニカル用語で大暴落というのは実際に株価が下がるのではなく

そこで買えばその後上がるというだけの事だ
151投稿者: 投稿日:2018年03月24日(土) 08時01分02秒
何れにしろ、宮田のカウントが当たった事は過去一度もない

まあ、会社が指示した相場予測に合う様なカウントにでっち上げてるだけだから
正しい筈もないんだけどね
152投稿者: 投稿日:2018年03月26日(月) 11時34分22秒
配当所得は所得税に組み込んで総合課税で累進課税にしないと不公平なんだよ

資産家は配当所得が殆どだから、今のままでは貧乏人より税率が安くなっていて
所得再分配は貧乏人から金を取り上げて資産家に金をやっている事になっている

このままでは中間層が居なくなり階級ができてしまう

資産家の配当所得税率は70%以上にしないと階級が未来永劫固定して
貧乏人の子孫は永遠に社会の底辺になるから、共産革命が起きる
153投稿者:5  投稿日:2018年03月26日(月) 14時04分53秒
>配当を個人に支払う場合は、二重課税だ。
>会社は儲けから税金を支払い、その残りを株主に還元する。

法人税は本来100%取るのが正しい
法人税を減税しても配当と内部留保と役員報酬になるだけで、研究開発費や賃金にはならないからね

法人税を100%から減らしているんだから資産家が貰う配当は累進課税でないと資産家優遇になってしまう

資産家優遇が何故いけないかというと金が国内で回らないで外国に流れるから、今の日本みたいなデフレ不景気になるからだ

貧乏人が金を貰えば国内で全部使うから内需が増えて好景気になる
資産家が金を貰えば外国に投資するから内需が減って不景気になる

資産家に金をやると国家経済が破綻するんだ
154投稿者: 投稿日:2018年03月26日(月) 14時34分06秒

>企業が内部留保をため込むのは安定した経営基盤を構築するためだ。

違うよ
日本は実質賃金が減った為に内需が減って、国内投資しても損するのがわかっているから金を使えないだけだ

>貧乏人が金を使ってもたかが知れている。
しかも貧乏人はエンゲル係数が高いから金を使わざるを得ない。
>景気には関係ない。

デマ流すなよ
アメリカが不況の時にでクリントンが所得税の累進課税を少し強化しただけで
景気が急回復したよ

戦前の大恐慌は所得税の累進課税を減らしたのが原因だったというのが定説


>優秀な者が発明発見で知財を得、その商品or特許を外国に売って得たenergy(お金)で、貧しい層に仕事を保証するので、貧しい層まで飯が食える。

それが時代錯誤なんだよ

工場は日本よりアジアに作った方が生産費が下がるから、国内投資はゼロですべて海外投資になる

日本のサービス業も日本人を雇うより中国人移民を雇った方が安いから、日本は移民ばかりになり、日本人の賃金も中国やタイと同じになる

累進課税を強化しなければ日本は消滅するよ

155投稿者:8  投稿日:2018年03月30日(金) 05時07分31秒
>3連続の陽線は買いシグナルとされています。

酒田罫線は本来は酒田新値をカウントする方法で、ローソク足の組み合わせで判断するのは素人向けの邪道だからね

柴田罫線では3連続陽線は売りシグナルになる事が多いしね


酒田新値 に基づいた 押し目 ・ 戻り と トレンド転換 との判別法

1) 上昇トレンドの途中の 押し の場合には 90%の確率で 陰線新値が 1 〜 3本 になる.

2) 下降トレンドの途中の 戻り の場合には 90%の確率で 陽線新値が 1 〜 3本 になる.

3) 新値が 5本以上 の場合は トレンドの転換を示す.

4) 新値は終値ではなく 最高値 と 最安値 で数える.

5) 寄引同時線 は 新値 には数えない.

6) 陰線新値を数える際には,途中に 陽線 が何本入ってもよい.
陽線新値を数える際には,途中に 陰線 が何本入ってもよい.
156投稿者:8  投稿日:2018年04月14日(土) 12時56分21秒

229山師さん2018/04/14(土) 12:35:03.32ID:IYHQb2qx

【日経平均・TOPIX】
(1 月からの調整は(3)-2 波、次はサード・オブ・サードの上昇)
日経平均の 16 年 6 月安値(14,864 円)からの上昇は第(3)波とみており、
その中の第 1 波は今年 1 月高値(24,129 円)で終了したとカウントできる。
この通算 1 年半にわたる上昇波動において、17 年 4 月安値(18,224 円)を起 点とする第(v)波は
延長(エクステンション)したと読む。
1 月高値から 3 月安値までの調整スケールは 16 年 6 月以降でもっとも大きい。
したがって、現行の調整は第 (3)波中の第 2 波とみるのが適当である。
この波動カウントによれば、1 月からの調整完了後には第(3)波の第 3 波が、
すなわちサード・オブ・サードというもっとも強気の相場が到来することになる。

その通算上昇幅(率)は、第 1 波(9265 円、62%)に等しいか凌駕すると予想でき、それだけで日経平均は 3 万円
に達する可能性がある。
(第 2 波調整が終了した可能性は小さくない)











230山師さん2018/04/14(土) 12:55:48.88ID:IYHQb2qx

>>229を信じたアホは財産を半分にする事になる

恨むなら宮田ではなく、自分の人を見る目の無さを恨め
157投稿者:4  投稿日:2018年04月20日(金) 07時20分45秒
三菱UFJモルガンスタンレー証券のテクニカルアナリスト宮田直彦氏による
エリオット波動分析レポート


【日経平均・TOPIX】
(サード・オブ・サード上昇入りの可能性が高まっている)
日経平均の 16 年 6 月安値(14,864 円)からの上昇は第(3)波とみており、その中の第 1 波は今年 1 月高値(24,129 円)で終了したとカウントできる。

そして今年3月26日安値 (20,347円 ) から第 (3) 波の第3波、すなわち「サード・オブ・サード」という、もっともダイナミックな強気トレンドに突入した可能性が高まっている。

その通算上昇幅(率)は、第(3)波の第 1 波(9265 円、62%)に等しいか凌駕すると予想でき、それだけで日経平均 は 3 万円に達する可能性がある。
_____

宮田さんのカウントでは 日経平均は

プライマリ-波 @波 始点 2011.12.01 : 8135

プライマリ-波 @波 ピーク 2015.06.24 : 20952

プライマリ-波 A波 ボトム 2016.6.24 : 14864

現在は プライマリ-波 B波、インターミ−ディエト波 第(3)波上昇の始め

月足チャートを見ればもうエリオット波動C波のボトム近くだろ

ここから更に下がって配当利率 年7%, 8%になる可能性はまず無いよ

158投稿者:5  投稿日:2018年04月20日(金) 07時27分05秒
三菱UFJモルガンスタンレー証券のテクニカルアナリスト宮田直彦氏による
エリオット波動分析レポート


【日経平均・TOPIX】
(サード・オブ・サード上昇入りの可能性が高まっている)
日経平均の 16 年 6 月安値(14,864 円)からの上昇は第(3)波とみており、その中の第 1 波は今年 1 月高値(24,129 円)で終了したとカウントできる。

そして今年3月26日安値 (20,347円 ) から第 (3) 波の第3波、すなわち「サード・オブ・サード」という、もっともダイナミックな強気トレンドに突入した可能性が高まっている。

その通算上昇幅(率)は、第(3)波の第 1 波(9265 円、62%)に等しいか凌駕すると予想でき、それだけで日経平均 は 3 万円に達する可能性がある。
_____

宮田さんのカウントでは 日経平均は

プライマリ-波 (1)波 始点 2011.12.01 : 8135

プライマリ-波 (1)波 ピーク 2015.06.24 : 20952

プライマリ-波 (2)波 ボトム 2016.6.24 : 14864

現在は プライマリ-波 (3)波、インターミ−ディエト波 第3波上昇の始め
159投稿者:5  投稿日:2018年05月01日(火) 10時43分51秒
>円建てトピックスが言えないのに、どうして円建て日経は言えるんだよ


円建てトピックスや円建て日経平均、個別株ではエリオット波動のルールやガイドラインがそのまま適用できなくなるというだけさ

円建てトピックスでは
第2波ボトムが第1波始点より下でも問題はない
第4波が第1波と重なっても問題はない


宮田さんはそういう基本が理解できていないから
160投稿者: 投稿日:2018年05月03日(木) 07時29分08秒
エリオット波動の権威とされている宮田直彦のデタラメ・エリオット波動マーケット分析
日経平均・TOPIXは今、サイクル第(X)波、プライマリー第(3)波、インターミーディエト第3波
宮田直彦 :サード・オブ・サード上昇入りの可能性が高まっている
____

こんなんでサード・オブ・サード上昇入りだって、笑っちゃうよね:


異次元緩和を5年も続ける日本は、市場に資金を流す最後のとりでになっている。
日本が正常化に動こうとしたら、出口戦略を着々と進める米国や欧州などの海外勢から
ブレーキがかかる可能性がある。日本まで金融緩和をやめたら、世界経済が悪化する恐れがあるからです。
日本が出口に向かいはじめたと市場が認識すれば、一気に円高が進み、大混乱に陥るリスクもあります」
 ハシゴを外された黒田も放り投げ辞任するんじゃないか。
 
 官製相場はジ・エンド

 異次元緩和で市場にマネーをジャブジャブつぎ込み、円安株高を演出したのがアベノミクスの正体だ。
日銀はETF購入でも買い支え、日経平均株価は一時、2万4000円の大台を突破した。
しかし、安倍が辞任し、アベノミクスが幕引きとなれば、2倍に値を上げた「官製相場」も終焉を迎えることになる。

「外国人投資家らはアベノミクスがトンデモないインチキだと分かっていながら、
官製相場に乗じて株を買ってきました。いまのマーケットは刹那のバブル状態。
いったんはじけたら、どこまで下げるか見当がつきません。
第2次安倍政権発足前の水準まで売り浴びせられる可能性もありますし、
それ以上に落ち込む可能性もないとはいえない。
というのも、この5年間の市場操作によって、どのあたりが適正な水準なのか投資家も判然としないのです」

「円安株高」が逆回転し、「円高株安」となったら、ダメージをモロに食らうのが企業だ。
輸出関連企業を中心に為替差益でウハウハだったのが一転、
業績悪化で株価が下がる負のスパイラルに陥るのは必至。
企業業績が悪化すれば当然、サラリーマンの給与へシワ寄せが及ぶ。
なにしろ、内部留保が過去最高の417兆円に達するほど荒稼ぎしても、大半の企業が賃上げを渋ってきたほどだ。
 そうでなくても、サラリーマンの手取りは減り続けてきた。経済アナリストの菊池英博氏の試算によると、
労働者の実質賃金は、年平均15万円もダウンしたという。5年間で75万円のマイナスである。
161投稿者: 投稿日:2018年05月05日(土) 14時08分04秒
エリオット波動の権威とされている宮田直彦のデタラメ・エリオット波動マーケット分析
日経平均・TOPIXは今、サイクル第(X)波、プライマリー第(3)波、インターミーディエト第3波
宮田直彦 :サード・オブ・サード上昇入りの可能性が高まっている
____

こんなんでサード・オブ・サード上昇入りだって、笑っちゃうよね:

アメリカGDPは2018年1-3月も絶好調、長期金利は年内上昇継続へ2018年5月4日

2018年、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)が強力な金融引き締め政策を継続する中、
株式市場は年内の高値をいまだ大きく下回って推移している。
アメリカの金融引き締めは実体経済の強さが維持される限り継続されるだろう。
そして2.86%という成長率は、利上げの撤回が当分ないということを示唆している。
株式市場、特に米国株の買い方にとってはかなり悪いニュースである。

高金利に耐えられない個人消費

早くとも7-9月期のGDPが発表される秋頃、そうでなければ更に遅い来年の初頭まで、
Fedのタカ派な態度は継続するのではないか。
金利高は明らかに株式市場にマイナスであり、米国株は既に下落トレンドに入っている。

日本株は金利高によるドル高に支えられて米国株より良い動きをしているが、
米国株がもう一度急落相場を迎えればリスクオフの金利下落と株安が同居することになり、
日本株は一番悪影響の大きい資産クラスになるだろう。今

年は株を買い持ちにする年ではないのである。
https://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/7615#more-7615
162投稿者:5  投稿日:2018年08月03日(金) 04時05分27秒
そろそろ逃げた方がいいよ


アメリカは利上げと量的引き締めという2種類の強力な金融引き締め政策を行なっている。そして、長らく相場に居る人間には信じられないことだが、アメリカや日本の市場はそのことを気にしていないように見える。

投資銀行などでもリーマンショック後に金融に関わり始めた、下げ相場を知らない若いトレーダーが多いため、金融引き締めがどういうものか理解していないのだろう。
アメリカの金融引き締めで先ず下落したのは新興国の資産である。世界市場から資金が流出する金融引き締め相場では、先ずリスクの高い資産から下落し、先進国株式などそれよりもリスクが低いと考えられている資産クラスは最後に下落することになる。

新興国の株式と通貨が暴落していることで既に外堀は埋まっており、問題はそれがいつアメリカや日本にまで波及するのかということ
アメリカの強力な金融引き締めによって世界の様々な市場から資金が流出しているということである。日経平均やドル相場しか見ない投資家には問題がないように見えるが、それは事実ではない。

金融引き締めが世界経済に与える影響を織り込んでいるのである。上海株価指数の下落トレンドは今の所止まっていない。今日の日経平均の急落もこれが原因である。

日本株と米国株を比べれば、バブルが崩壊するときに先に下落するのは日本株の方なのである。「アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く」ということである。

現在の金融市場では、セオリー通り高リスク資産から順番に下落しており、弱気相場は今のところは米国株や日経平均に到達していないが、アメリカが強力な金融引き締めによって毎月大量に資金を引き揚げ続ける限り、いずれは日本にもアメリカにも到達する。そして実を言えば、弱気相場は日本株にも既に到達しているのである。

相場の常識として、バブル崩壊時において先に下落するのは指数株や大型株よりも小型株である。

既に下落相場入りしている日本の小型株

もし日本の個別株を保有している投資家が居れば、日経平均はそれほど悪くないにもかかわらず、自分の保有株は下がっているという状況になっている人が少なくないのではないだろうか。

どういうことかと言えば、日経平均以外の株価指数であるマザーズ指数やJASDAQ指数は既にかなり下がっている
163投稿者:2  投稿日:2018年11月02日(金) 16時54分21秒
2009から2016までエリオット波動上昇5波
2016から2018.03 までエリオット波動下降3波

2018.03 以降は以前のエリオット波動上昇5波の第4波のボトムのあたりで持ち合っているから、既に上昇トレンドに入ってる気がする

AI はトレンドフォローで行き過ぎるから中々上がらないだけじゃないかな
そもそも、ここから底抜けして配当年10%になるとか有り得ないからね
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加