ユダヤ陰謀論 [本/雑誌]
33投稿者:2  投稿日:2020年01月03日(金) 16時29分01秒
あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版) – 2019 モルデカイ・モーゼ (著), 久保田政男 (寄稿)
はニセユダヤ人が書いた偽書です。 本物だと思っているアホが何人かいる様ですね:
<馬渕睦夫氏による推薦文>
本書が東西冷戦最中の1979年に発刊されたのは奇跡と言えます。
当時ソ連を信奉してやまない日本の左翼とは、ユダヤ思想のエピゴーネンであることがばれてしまったからです。
本書を読めば、わが国の國体の真髄である「君民一体」こそ、最先端の民主主義体制であることに誇りを持てるはずです。
〜馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使) 〜

========================


<田中英道氏による推薦文>

戦後、日本を占領したアメリカといいGHQといい、その中核はユダヤ人であることを如実に示した好著である。

四十年前、この本が出た時、買い求めたが、これを左翼の論壇が抹殺したきた。

こうしたユダヤ人の懺悔を聞きたくなかったのだろう。

なぜなら、日本の論壇こそ、左翼ユダヤ人たちが支配してきたからだ。

〜田中英道(東北大学名誉教授)〜
_________

『日本人に謝りたい : あるユダヤ人の懺悔』は、翻訳書という体裁をとっていますが、原本も現著者も存在しない和製偽書であると指摘されています

(小田島雄志×紀田順一郎×渡部昇一「鼎談書評」『文芸春秋』58(4), 1980.4)。

モルデカイ・モーゼは日本人。

マルクスのユダヤ名がモーゼス・モルデカイ・レヴィであることから発想して自称したと思われる。

モルデカイはそもそもモーゼのことで、モルデカイ・モーゼはあり得ないユダヤ名。

その思想は日本会議系で、戦前のユダヤ研究を引き継ぐもの。江崎道朗氏と同じ系統。

覆面作家の例

モルデカイ・モーゼ - 久保田政男がユダヤ人を装って評論を書くために使った変名

イザヤ・ベンダサン - 山本七平がユダヤ人を装って評論を書くために使った変名

モーゼス・ベン・ヨハイ - 飛鳥昭雄がユダヤ人を装って評論を書くために使った変名

ヤン・デンマン - 齋藤十一と田島一昌がオランダ人を装ってコラムを書くために使った変名

ポール・ボネ - 藤島泰輔がフランス人を装って評論を書くために使った変名
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前レスまで レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加