Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 317

Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 343

Notice: Undefined variable: multipart in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: hidden_size_max in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: input_typ_file in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: i in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 109
怒りを叩き込む
怒りを叩き込む
102投稿者:言質  投稿日:2019年12月14日(土) 08時25分06秒

ttps://image.gamer.ne.jp/news/2013/20131017/000614b68c4aa903218f5e9d4f0e51238939/o/19.jpg

、、江田島は、、謎の痛みが足や腹や心臓や頭などに来る事を1000年位前に知り始めた、、。、、その痛みは、、弱くなったり強くなたりするのだが、、その痛みは、、度を越して限りない可能性を察したのだ、、。、、ルパンが頭がおかしくなったのは、、ここからか、、?、、ほとんどの人にはしり得ない、、強烈無比の破壊力をグリーンの頭に放ったというのか、、?

、、私から言わせれば、、江田島は、、あらゆるものを本当に消す力を持ったサウロンの真相についてまだしらない、、ということなのだ、、。、、そいつは隕石落下やスーパープルームなどを引き起こす絶滅に関係した人間だ、、。
https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-0f-21%2Flechatnoir1896%2Ffolder%2F259204%2F17%2F5303217%2Fimg_7%3F1355902664&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

、、ただし、、そこに、、黙ってあらゆるものを消すことをするエジプト・ユダヤの神々の巨大な陰謀があったことを江田島は見抜いたのだ、、。
ttps://pics.prcm.jp/pib1310022003/12019827/jpeg/12019827.jpeg
ttp://otomens.com/wp-content/uploads/2018/07/0292bda5aa81e80ef38b81cb1feb5d90.jpg

、、こいつらは元にもどらないことをするやつらだ、、。、、それは当然元に戻らない処置で消えていく種族だ、、と察したのだ、、。、、これは、、滅ぼし消し去る問題であることが発見された、、と、、。

、、急がねば遅い、、江田島もいずれ私やグリーンと同様に元に戻らないものへとされるはずだ、、。、、このとき、、真相をいち早く見抜いたギリシャの種族が地球人類の究極の最高位であることもすぐにわかったのだ、、。、、エジプトに配置された地球人類の最高を名乗るインドの種族については、、それはうそであり、、インドのアーリアの種族は永遠に奴隷に位置づいたことをも意味していたのだ、、。、、そして江田島は、、インドにすぐに虐殺に行ったのだ、、。
ttps://logo-imagecluster.img.mixi.jp/photo/comm/32/40/123240_32.jpg
ttp://stat.ameba.jp/user_images/20101230/10/yoshiki-0722/30/45/j/o0480064010949673173.jpg
103投稿者:言質  投稿日:2019年12月14日(土) 08時40分18秒

、、その痛みは神にも知りえない次元の違う痛みのものであり、、本当に壊れて消えてなくなるものである、、と江田島は言ったのだ、、。

、、そのことについては、、神々は存在を守るために、、消し去った存在があったはずなのだ、、。、、それについては、、科学技術で消してしまうので、、出会ったときには、、気づくまでは消され続ける、、ということなのだ、、。、、そうだとすると、、地球人類の頂点に位置づけられたアーリアの種族は、、とんでもない食い違いである、、ということはすぐにわかる、、。

https://www.google.com/search?biw=1280&bih=689&tbm=isch&sa=1&ei=yBv0XbT8GJbmwQOm1Jw4&q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89+%E7%9F%B3%E5%83%8F&oq=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80%E3%81%9B%E3%81%8D%E3%81%9E%E3%81%86&gs_l=img.3.0.0i4.859769.869318..870151...3.0..0.181.2328.23j3......0....1..gws-wiz-img.......0j0i131i4j0i131j0i4i24.xFjvaDS0NhU

、、神も霊魂も不滅であるという、、アーリアの種族については、、ひとまず、、本当に壊して消して本当のことを教えることが先決だ、、ということで虐殺の処置が当分は必要である、、。

、、事実は、、アーリアの種族は真相に気づかない消える奴隷の位置づけである、、ということなのだ、、。、、これは大変だすぐに動いて地球人類を従えないと、、と、、。、、そして、、本当の地球人類の究極の最高位のギリシャの種族がすぐに纏め上げなければならないのだ、、と、、。
ttp://stat.ameba.jp/user_images/20101230/10/yoshiki-0722/30/45/j/o0480064010949673173.jpg

、、進化するものについては進化する仲間内で壊すおきてがある、、。、、そして、、進化しないものについては、、科学技術で本当に壊して捨てて消してしまう進化の仲間内の掟があったのだ、、。

、、これを皆が破った場合、、まず、、何をやってもよい、、ということで本当のことを教える、、ということだったのだ、、。、、ここでインド人は虐殺されたのだ、、。

、、ギリシャの種族が地球人類の究極の最高位であることについては永遠に変わりえないだろう、、。、、そして、、アーリアの種族が、、ギリシャの種族ほどには真相を知りえない、、奴隷の位置づけであるということについてもだ、、。

Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: at in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: lskey in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加