自動車業界最新情報 [経済/企業]
952投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 11時42分55秒
トヨタ「世界一」奪還へ現実味持続 的成長支える海外市場

――――――――――――――

トヨタ自動車が2014年3月期の 業績予想で示した13年度のグルー プ全体の世界販売台数(中国合弁含 む)は前年度比4.2%増の101 0万台。リーマン・ショック前に立 てた08年度の計画台数970万台 (実績は832万台)を超え、初の 1000万台を突破する。前年度に 生産体制が本格回復したことも大き く、今年度は収益面でもトップの独 フォルクスワーゲン(VW)を抜く ことは確実。名実ともに世界一の称 号の奪還が現実味を帯びてきた。

【ウォン高】現代自動車“失速”圧 倒的シェア誇る韓国でも「逆転現象 」

「長く続いた円高が是正されつつあ る」。8日の決算発表で、トヨタ自 動車の豊田章男社長は安堵の表情を 浮かべた。国内生産比率が5割を超 えるトヨタは、為替リスクと表裏一 体だったが、1ドル=79円でも利 益が出せる体質を作るなどして歴史 的な超円高を乗り切った。

今期は前期比で4000億円の増益 要因となる為替変動も追い風に、前 年並みにとどまるVWの営業利益水 準の1兆4000億円を大幅に上回 る見通しで、収益面でも自動車メー カーとしてトップとなる。

一方で、豊田社長は「攻勢の時では ない。スタートラインに立ったばか りだ」と気を引き締める。リーマン ・ショックやタイの洪水被害、東日 本大震災に見舞われ、ここ数年、ト ヨタの販売台数は浮き沈みを繰り返 してきたためで、会見では「持続的 成長」という言葉を強調した。

この持続的成長を支えるのが、東南 アジアを中心としたアジア市場と、 北米市場。特に北米市場は、雇用が 改善に転じるなど、経済が回復基調 にあり、「今年は(トヨタ単体で前 年比6%超の)220万台以上の販 売を目指す」(小平信因副社長)方 針だ。さらに、今期の研究開発費も 、前期比で約800億円増やし、「 中長期的にみた、技術的な成長、環 境技術への投資を積極的に戦略的に 行う」(小平副社長)など余念がな い。

しかし、足元では中国市場での日本 車離れや北米市場での競争激化など 課題はなお多い。4月の米国販売は 、米ゼネラルモーターズやフォード ・モーターなどが2桁の販売増とな るなか、トヨタは1.1%減の17 万6160台と11年10月以来の マイナスに転じるなど、不安も残っ ている。
953投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 11時43分43秒
富士重の通期決算、売上・利益とも に過去最高

――――――――――――――

富士重工業(スバル)が5月8日発表 した2013年 3月期通期連結決算は、 売上高が前年同期比26.1%増の1兆9 130億円、営業利益が同173.9% 増の 1204億円など、販売台数、売上、収 益ともに過去最高となった。

国内販売は軽自動車の生産中止など の影響もあり、同5.3%減の16万300 0台と、やや落ち込ん だものの、海 外販売は『インプレッサ』等の販売 が好調に推移したことから、米国や 中国など多くの市場で前年を上回り 、同20.1%増の56万 1000台と大きく 伸長。全世界合計の販売台数は同13. 2%増の72万4000台となった。

収益は、販売台数増加ならびに売上 構成の改善、原価低減の進捗、為替 の円高是正により、新型車導入や販 売台数増加による製造固定費や販管 費などの諸経費増加をカバーし、大 幅にアップ。経常利益は同169.9% 増の1006億円、 当期純利益は現在の 業績動向を踏まえ、将来の課税所得 発生が見込まれることから、法人税 等調整額442億円を計上し、同211.0 %増の1196億 円となった。

2014年3月期は、北米など海外市場 での増加を見込み、世界販売台数を 75万2000台と計画。こ の台数増に加 え、為替の円高是正が進んだことや 原価低減が進捗することを見込み、 通期業績予想は、売上高が前期比7.2 %増の2兆0500億 円、営業利益が同4 9.5%増の1800億円、経常利 益が同7 3.9%増の1750億円、当期純利益が同 8.0%減の1100億円とした。スバル 車の海外および全世界の販売台数、 売上高、営業利益、経常利益が前期 に引き続き通期業績として過去最高 となる見通し。
954投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 11時44分26秒
富士重工、今期営業利益も最高の180 0億 円に

――――――――――――――

富士重工業(スバル)は5月8日に、2 014年3月 期の連結業績予想を発表し た。営業利益は前期比50%増の1800 億円と、13期ぶりに過去最高を 更新 した前期に続き最高益を見込んだ。

連結世界販売は4%増の75万2000台 を計画しており、これも前期に続く 最高となる。売上高は7%増の2兆50 0億円と、初めて2兆円の大台に乗 せ る。ただ、純利益は前期に繰延税金 資産の計上などの特殊要因があった ため、8%減の1100 億円の予想とし た。

為替レートは1ドル90円、1ユーロ12 0円を前提 としており、営業利益段 階で為替の円安が639 億円の増益効 果をもたらす。吉永泰之社長は「ス バルの特徴を明確にした商品が高い 評価を頂いている」と、好業績を評 価。今期については「主力の米国で の販売が好調に推移しており、新型 フォレスターがフルに寄与するので 、今期の世界販売計画も達成できる 」と自信を表明した
955投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 11時45分36秒
トヨタ、2013年3月期通期の営業利 益は271.4%増の1兆3208億円、純利 益は239.3%増の9621億円

――――――――――――――

トヨタ自動車は5月8日、 2013年3 月期通期(2012年 4月?2013 年3月) の連結決算を発表した。

連結売上高は前年比18.7%増の22兆6 41 億円、営業利益は271.4%増の1兆 3208億 円、税引前純利益は224.3% 増の1兆4036 億円、当期純利益は239 .3%増の9621億円 の増収増益になっ た。

また、単独決算では、売上高は前年 比18.4%増の9兆7559億円、営業利 益はマイナス4398億円の赤字から、 2421億円の黒 字に転換。税引前純利 益は230億円から大 幅成長し8561億 円、当期純利益は358億 円の黒字か ら6977億円の黒字となった。

■「『もっといいクルマ』から始ま る、ビジネスサイクルが着実に回り 始めたことを実感」

豊田章男社長は、「北米、アジアで の販売増加などにより、連結営業利 益は1兆 3208億円となった。単独決 算でも、2008 年3月期以来、5年ぶり に黒字を確保した。販売店、仕入先 、そしてトヨタのクルマに対してご 愛顧をいただいたお客様に感謝する 。また、社員の努力と執念の賜物で ある。2009年6月の社長就任以 来、 困難が続いたが、これは平時にはな いものであり、貴重な経験を積むこ とができた。この間学んだのは、急 成長しても、急降下してはご迷惑を おかけするだけであり、持続的成長 が重要であるということを学んだ。 また、販売台数の拡大が成長ではな いことも痛感した。持続的成長を遂 げるには、もっといいクルマを作る しかない。この間、もっといいクル マを作るという軸はずっとブレなか った。最初は、もっといいクルマを 作るとはどういうことなのか、とい う厳しい指摘もあったが、クラウン 、アバロンをはじめとして、いいク ルマが登場したことで、その理解が 進んだといえる。そして、トヨタは いいクルマを作るという会社に変わ ってきている。 この4年間に渡っ て言い続けてきた のは、もっといいクルマを作るとい うことと、みなさまの期待を超えて さらに笑顔をいただきたいというこ とだった。グローバルビジョンで掲 げた『もっといいクルマ』から始ま る、ビジネスサイクルが着実に回り 始めたことを実感している。さらに リボーンに磨きをかけたい」などと 、単独営業黒字達成においては、経 営体質が大きく転換していることを 強調した。

また、トヨタ自動車小平信因取締役 副社長は、「営業利益の増益要因は 、営業面の努力が6500億円増と大部 分を占める」としたほか、原価改善 活動では4500 億円の増益、期後半の 円安効果で1500億 円の増益になった ことを示した。

地域別では、日本が前年比14.8%増 の12兆8210億円、営業利益は前年の マイナス2070億円の赤字から、5763 億円の黒字。北米が前年比32.3%増 の6兆2844億 円、営業利益は19.1% 増の2219億円。欧 州が前年比4.5% 増の2兆831億円、営業利 益は49.2% 増の264億円。アジアは前年比 31.5 %増の4兆3854億円、営業利益は 46. 5%増の3760億円、その他地域(中 南米、オセアニア、アジア)は前年 比19.0%増の2兆942億円、営業利益 は22.9%増の1337億円となった。

連結販売台数は、国内が前年比20万 8000台増の227万9000台、北米市場 が59 万7000台増の246万9000台、欧 州は1000 台増の79万9000台、アジ アでは35万7000 台増の168万4000台 、その他地域(中南米、オセアニア 、アフリカ、中近東など)が35万60 00台増の164万台。

「すべての地域で前年実績を上回っ た。日本ではエコカー補助金制度の 追い風があり、北米ではカムリやカ ローラが好調。アジアはタイ、イン ドネシアを中心に販売が好調だった 。日本では全社をあげた収益改善活 動の効果、円高修正の影響がプラス となった。北米では米国集団訴訟和 解の影響が一時的にはあったが、販 売台数の増加や原価改善により増益 となった。アジアは過去最高の営業 利益になっている」(トヨタ自動車 小平信因取締役副社長)などと総括 した。

全世界の連結販売台数は、151万900 0 台増の887万1000台となった。なお 、連結業績における金融事業セグメ ントの売上高は前年比6.4%増の1兆 1706億円、営 業利益は3.1%増の315 8億円。金利スワッ プ取引などを除 く営業利益は1.2%減の 2862億円。 その他事業の売上高は、前年比1.7% 増の1兆664億円、営業利益は 27.6% 増の536億円となった。

2013年度の連結業績見通しは、連結 売上高は前年比6.5%増の23兆5000 億円、営業利益は36.3%増の1兆800 0億円、税引前 純利益は34.6%増の1 兆8900億円、当期純 利益は42.4%増 の1兆3700億円とした。
956投稿者:自動車企業最新情報(955の続き)  投稿日:2013年05月09日(木) 11時48分40秒
連結販売台数は、国内が前年比15万 9000台減の212万台、北米市場が17 万1000台増の264万台、欧州は3万1 000台増 の83万台、アジアは7万600 0台増の176万 台、その他地域が11万 台増の175万台と した。

小平副社長は、「国内市場では、景 気回復期待への高まりにより、消費 マインドの向上を期待しているが、 エコカー補助金終了の影響に市場縮 小が見込まれる。米国では足下の良 好な市場環境が継続し、新興国では 新商品の投入を計画していることか ら、海外での販売は増加することに なる」と語った。

2013年度(2014年3月期)は、営業 利益において、為替変動の影響で40 00億円 増、原価改善努力で1600億円 増、営業面の努力で800億円増を見 込むという。

「原材料価格の上昇や、意欲的なク ルマを作るための試験研究費などの 先行投資の負担増がある。今後も、 引き続き収益改善の努力を続けてい く」と小平副社長は語った。

豊田社長は、「円高がようやく是正 されるとともに、米国市場での回復 、新興国での成長による回復が見込 まれる。一部には、これまでの逆風 が収まり、いざ攻勢の時という声も 聞かれるが、トヨタはまだ持続的成 長のスタートラインに立ったところ である。グローバルビジョンに掲げ たように、どんな状況でも利益をあ げ、持続的成長を遂げられる体質に なったのか。まだ、わからないとい うのが私の素直な答え。経営環境は 刻一刻と変化している。リーマンシ ョックを超えるような危機が起こっ ても利益をあげて、社会に貢献でき るのか、本当に学んだのか、生まれ 変わったのかどうかは、その時にし かわからないだろう。競争力は人件 費が安い、為替が優位といったこと ではなく、持続的成長を可能にでき る競争力であり、それをトヨタに関 わる全員で真剣に考えて追求してい きたい。人材育成力、品質や生産性 を追い求める風土、イノベーション を生む力、アフターサービスを含め た販売力があることが重要である。 真の競争力は、数値やデータでは表 せない様々な 要素がある」などとした。
957投稿者:自動車企業最新情報(956の続き)  投稿日:2013年05月09日(木) 11時51分00秒
さらに、同社の新しい開発手法であ る「TNGA(トヨタ・ニュー・グロ ーバル・アーキテクチャー)」の取 り組みや、4月 に導入した新体制に ついても言及。「4月 の新体制を軸 にして、真の競争力を身につけるた めにチャレンジしていく。33万 人の 社員が力をあわせて努力をしていく 。そして、業務を効率的に遂行する ためのITインフラの整備、改善にも しっかり取り組む」などとした。

新体制では、副社長が各部門を統括 するが、レクサス部門は豊田社長が 直轄することになる。これに関して 、豊田社長は、「レクサスは様々な 自動車のブランドがあるなかでもユ ニークな存在である。他社の場合を 含めて、個々のブランドが生まれた 起源や、オリジナル性が違うという 場合が多いが、レクサスはトヨタと 根っこが同じブランドである。ほか のブランドにあって、レクサスのブ ランドにないものは、歴史とストー リーである。そのなかで、私自身が トヨタのトップであり、テストドラ イバーを含めて自らハンドルを握る こと、そして、豊田家に生まれたこ とが、レクサスのブランドづくりに 貢献できると考えた。このブランド づくりは、時間がかかる作業。結果 が出るのには相当な時間がかかる。L Sを 出す場合にも、7年を要した。レ クサスのブランドを、トヨタと違う 意味で成長したブランドになったと いわれるにはまだ時間がかかる。レ クサスブランドを、軸をブラさずに 成長させるには私が適任と判断して もらった。トヨタとレクサスのブラ ンドの両方 の愛情を持って育てていく」と説明 した。

一方、豊田社長は、国内生産300万台 維持の考え方についても改めて言及 。「トヨタは日本で生まれたグロー バル企業。トヨタがトヨタであり続 けるためには、日本国内での生産体 制を維持することが必要。それが30 0万台の規模である。これ によって 、関連業界を含めて、日本のモノづ くりを守ることにもつながり、為替 の短期的な振れにも左右されない体 質づくりにもつながる。この考え方 は変わらない。国内の300万台の生 産規模は、1980年代から続いている もの。当時は海外生産が20万台だっ たものが、500万台 に成長している 。こうした海外での成長の礎になっ ているのが、国内生産の300万 台体 制である。国内、海外という分け方 ではなく、トヨタがグローバルで真 の競争力を持つためには、国内300 万台の体制が必要であるということ 」と語った。
958投稿者:自動車企業最新情報(957の続き)  投稿日:2013年05月09日(木) 11時52分02秒
また、豊田社長は、自動運転の考え 方についても触れた。

「クルマというモビリティが、ほか のモビリティとは違うのは、ドライ バーが自由に道を選べる、自由に止 められるというフリーなところであ る。トヨタがやる自動運転は、ハン ドルやアクセル、ブレーキなど、人 がクルマと接している部分のオーナ ーシップをドライバーに置いておき たい。それが基本的な考え方。だが 、モータリゼーションの機能が進化 していくなかで、ちょっとサポート してもらうことで、自分の運転技能 よりも少し上手になったということ や、危険回避というところで人間の 限界をサポートするといったことも 必要だろう。ドライバーにリスペク トした上での自動運転を考えていき たい」と語った。

さらに、アベノミクス効果に対して は、「こうした流れを持続的な成長 につなげていくことが大切であり、 3本目の矢 である成長戦略が非常に 大事である。この3本目の矢は、『 製造企業がんばれ!』 という風にも聞 こえる。イノベーションの源泉であ るモノづくりの基盤を強固にするこ とで、日本経済の再生に貢献すべく 、成長を引っ張っていきたい」など と語った。
959投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 11時52分55秒
トヨタ豊田社長、5年ぶりの”単 黒 ”を評価

――――――――――――――

トヨタ自動車の豊田章男社長は5月8 日の決算発表会見で、前期(2013年 3月期)の業績評 価について、「何 といっても単独の営業利益が5年ぶ りに黒字となったこと」と指摘した 。

前期の単体決算は営業利益が2421億 円(前期は4398億円の赤字)、純利 益は前期比約20倍の6977億円だった 。リーマン・ショック後の需要減や 2010年以降の 超円高局面で単体の営 業収支は赤字が続いていた。この間 の固定費の削減や仕入先との原価低 減、さらに最近の円高是正が収益の 大幅な改善につながった。

赤字転落した09年に就任した豊田社 長は、就任時の会見で「税金も納め られない悔しい状況」と述べた。法 人税等の納税につながる単体業績の 立て直しにこだわってきただけに、 営業黒字への転換を前期業績最大の ハイライトと位置付けた。
960投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時18分30秒
4月の日系車販売に回復のきざし シ ェア挽回策に成果=中国報道

――――――――――――――

中国メディア・新華網は8日、今年4 月の中国自動車市場において、日系 メーカーの販売状況が改善の兆しを みせたと伝えた。記事は、全体的に 好調だった4月の国 内自動車市場に おいて「とくに日系車は、販売数は 下向きながらもその下げ幅が明らか に改善した」とし、トヨタ系自動車 の販売数が前年同期マイナス6.5% と 、3月の同マイナス11.7%からやや回 復したと伝えた。また、日産は3月 の同マイナス17%か ら4月はプラス2. 7%に、マツダは3月の 同マイナス25 %から同マイナス15.2%に と前年同 期比による比較で販売状況が大きく 改善したと紹介した。記事はその要 因として、日系企業がシェア挽回に むけて販売網の強化や新車の投入な どの市場開拓の策を講じていること を挙げ、今年末には日系メーカーの サービス店舗数が10%増加し、内陸 の地方都市にまで拡大する予定であ ること、新車投入台数が前年比プラ ス15%の280 万台という過去最大規 模になる見込みであることを紹介し た。昨年9月の日本政府による尖閣 諸島国有化で反日感情が高まり、日 系車の排斥傾向が続 いた中国国内。半年が経過して消費 者が理性を取り戻しつつあることも 改善の一因にあるだろうか。しかし 、国有化問題発生以前の水準に回復 するためには、更なる努力が必要と 言えそうだ。
961投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時19分04秒
トヨタが高級車「センチュリー」を 一部改良

――――――――――――――

トヨタ自動車は9日、高級車「セン チュリー」(排気量5000cc) を一部改良して発売した。

内外装とも変更はないが、地上デジ タルテレビチューナーを4チューナ ーに増やし受信性能を高めたほか、 リモコン受光部を前席にも設定して 操作性も上げた。

このほか、フロント部分などに日焼 けの原因となる紫外線を約99%カ ットするというドアガラス「スーパ ーUVカットガラス」を採用した。 価格は、従来比11万円アップの1 219万円。
962投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時19分43秒
東洋ゴム、マレーシアでタイヤ新工 場を竣工…2015年に年産500万本

――――――――――――――

東洋ゴム工業は5月8日、建設を進め てきたマレーシアのタイヤ新工場「 トーヨータイヤマレーシア(TTM) 」を竣工し、記念式典を行った。

式典には、マレーシア政府からマレ ーシア国際貿易産業省セクレタリー ジェネラルのダトドクターレベッ カファティマサタマリア氏、在マ レーシア日本国大使館中村滋特命全 権大使をはじめ、マレーシア政府、 ペラ州政府等の行政代表者ほか、地 元・タイピンの地域代表者や工場建 設関係者等、総勢約350人が出席した 。

東洋ゴム工業の中倉健二代表取締役 会長は「TTMでは、当社独自のタイ ヤ工法(A.T.O.M.)の要素技術を採 り入れた。世界に通用する高性能な 低燃費タイヤをこの工場から供給す るなど、テクノロジーを駆使してジ ャパン・クオリティを実現する」と 挨拶した。

TTMでは、今年末に年産250万本の供 給体制が整うとともに、2015年には 年産500万本へ供給 能力を増強。東 南アジア市場への供給拠点となる一 方、今後のグローバル・タイヤ・ビ ジネスにとって重要な輸出チャネル としてハブ機能も果たしていく。敷 地は事業拡張に備え、同工場の2倍 となる用地(合計年産1000万本)を 確保しており、今後さらなる増強も 視野に入れているという。
963投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時20分32秒
モルテン、メキシコに自動車部品販 売の子会社を設立

――――――――――――――

モルテンは、メキシコに自動車用ゴ ム部品および樹脂部品の販売を行う 子会社「モルテンオートモーティブ デメキシコ」を設立すると発表した 。

自動車メーカーや部品メーカー各社 のメキシコ国内での増産が加速する なか、モルテンは同国内の製品供給 体制の強化と北米での自動車部品事 業拡大を狙い、モルテンオートモー ティブデメキシコを設立する。生産 は現地メーカーに委託する。

現在、5月下旬の設立および2014年1 月の販売開始に向けて準備を進めて おり、2015年には1500 万米ドル(約 14億円)の売り上げを目指す。モ ル テンの自動車部品事業の海外拠点は 、アメリカ、タイ、中国、ドイツ、 ベトナムに次いで6 か国目となる。
964投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時21分08秒
富士重吉永社長「もっと個性的にも っと魅力的に」

――――――――――――――

富士重工業の吉永泰之社長は、中期 的な販売目標について「150万台、2 00万台に伸ばすという ことは期待さ れていない。もっと個性的にもっと 魅力的にすることが求められている 」との考えを示した。

吉永社長は5月8日に都内で開いた決 算会見後、一部報道陣に対し「スバ ルがどんどん普通の車を造り始めて いって量を増やすという中期経営計 画を例えば発表したら、私どものお 客様からみて『やったな』という内 容にならないと思う。台数はこれく らいだけどもっと個性的にもっと魅 力的にいきますということの方が、 私どものお客様に『面白そうじゃな いか』と受け止めてくれるのではな いか」と述べた。

吉永社長は「これはまだ自分の仮説 」としながらも、「そこは社内でも 少し時間をかけて議論をしたいと思 っている。私自身がやってきている ことは、どちらかといえばただ量を 獲るというよりは付加価値や個性。 自分としてはその路線でやっていき たい」と強調した。
965投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時21分47秒
豊田社長、苦難に耐えようやく 「持続成長のスタートラインに」

――――――――――――――

トヨタ自動車が2013年3月期の連結 決算で、本業のもうけを示す営業利 益が前期比3.7倍の1兆 3208億円を計 上したことなどを発表した。1兆 円 を超えたのは、リーマン・ショック 以前の08 年3月期以来5年ぶりである 。

きょうの読売、毎日が1面トップ記事 で報じたほか、各紙も終わった前期 (13年3月期)と今 期(14年3月期) の見通しを1面、経済面などに 書き 分けて詳しく取り上げている。

前期についての総括としては、各紙 の見出しをみると、読売は「原価低 減が結実、円安効果は1500億円」、 毎日は「現地開発が奏功、世界経済 、円安追い風」、朝日も「コスト減 に円安追い風」、日経は「トヨタ、 カイゼン1.3兆円、金 融危機後5年で 体質強化」などとしており、逆境に 耐えての復活は必ずしも円高修正の 恩恵ばかりではないことを伝えてい る。

一方で、今期見通しについては、朝 日が「営業益1.8兆円、円安の効果見 込む」、東京も「12年 の5倍円安効 果」。産経は「初の1000万台超え へ 、世界一奪還現実味」。今期の為替 レートは1ドル=90円、1ユーロ=12 0円と想定してお り、「年間を通じ てさらに円安が進めば、過去最高益 を更新する可能性もある」(朝日) とみている。

豊田章男社長が記者会見で幾度も繰 り返した言葉が「持続的な成長」。 記者からは儲かった利益をどうする のかと問われれば、持論である「も っといいクルマづくりに投入する」 と述べたうえで、「それを支える人 材、仕組み作りであり、持続的に成 長できるところに資金を投入したい 」と強調。アベノミクスが目指して いる「賃上げ」については触れず、 生産設備などの新たな投資について も抑制する方針だ。

ただ、株主が楽しみにしている還元 では年間配当金を1株につき90円と 前の年の50円から40円 もアップした が、最高益を記録した08年3月期 の1 40円の実績にはまだ大きな開きがあ る。

「持続的な成長のスタートラインに 立っただけ」という豊田社長は、相 変わらず「慎重な姿勢を崩していな い」(東京)が、日本を笑顔にする ためには「今でしょ!!」との声もささ やかれている。
966投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時22分23秒
トヨタ豊田社長「真の競争力を持っ た会社にリボーンさせる」

――――――――――――――

トヨタ自動車の豊田章男社長は5月8 日、2013年 3月期決算の会見で単独 決算が5年ぶりに黒字に なったこと について「仕入れ先、販売店、そし て従業員たち、みんなの執念の賜が 今回こういう結果に結びついたと思 う」と述べ、感謝の表情を浮かべた 。

ただ、豊田社長が考える会社になっ たかというと、まだまだのようだ。 「ようやくそのスタートラインに立 てただけ、やっと前を向いていける んだというわくわく感を感じている 。今後もさらにいいクルマづくりを 進め、持続的な成長ができる、真の 競争力のある会社にリボーンできる ように磨きをかけていきたい」

そして、この1年をかけて、従業員、 仕入れ先、販売店と一緒になって、 真の競争力のある会社とはどういう ものか考えていくという。と同時に 生産性の向上とすべての分野でのリ ードタイム短縮に取り組んでいく。 「このことを愚直に続けていくこと によって、本当の意味での真の競争 力の答えが出てくるのではないかと 思う」と豊田社長。

13年3月期連結決算で大幅な増収増益 を達成したトヨタだが、真の競争力 を持った会社にリボーンするのはま だしばらく時間がかかりそうだ
967投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時23分08秒
富士重工吉永社長、米国は2年前倒し で中計達成へ

――――――――――――――

富士重工業(スバル)の吉永泰之社 長は5月8日 の決算発表会見の席上、 主力の米国販売が好調に推移してお り、中期計画最終年度である2015 年 度の目標を「2年前倒しで達成できそ うだ」との見通しを示した。

同社は今年度(14年3月期)の連結世 界販売を前年度比4%増の75万2000 台と、12年度に続い て過去最高とす る計画を打ち出した。このうちのほ ぼ半数を占める米国では8%増の38万 5000 台としている。中期計画では15 年度に米国での販売を38万台と見込 んでいるが、今年度の計画ベースで すでにこれを上回った。

吉永社長は今年度の米国販売につい て「投入したばかりの新型フォレス ターが年間を通じて寄与するのに加 え、他のモデルも好調。現地ディー ラーも(計画達成は)行けるとの感 触だ」と述べ、達成への手ごたえを 表明した。米国販売の好調持続を受 けて吉永社長は同日、インディアナ 州の米国工場の生産能力を現状の年 27万台から16年末までに40万台に増 強する計画も明らかにした。
968投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月09日(木) 17時43分20秒
トヨタ小平副社長「全体としての効 率性をさらに高めるということに尽 きる」

――――――――――――――

トヨタ自動車の小平信因副社長は、 リーマン・ショック前の2008年3月 期に記録した水準まで利益を回復す る条件として「全体としての効率性 をさらに高めるということに尽きる と思っている」と述べた。

小平副社長は5月8日に都内で開いた 決算会見後の囲み取材に対し、「今 までもずっとやってきたが、まずは 商品力をさらに強化して、お客様に お求め頂けるよう、商品をしっかり 造っていく。その中で原価をしっか り低減し、それで全体としてさらに 効率性の高い経営をやっていくとい うことが第一と思う」と指摘。

さらに「設備投資についても、リー マン・ショックの時の反省を踏まえ て、効率的にしたいということで、 原単位4割削 減でやってきた。そう したことをさらに追求をして固定費 を削減していくこと、全体としての 効率性をさらに高めるということに 尽きる」と述べた。

また今期の連結営業利益予想1兆800 0億 円の達成に向けては「原価低減 、今までやってきたことをさらに突 き詰めて、愚直にやっていくという こと。何かこれをやれば更に抜本的 に良くなるというようなものはない 。それぞれの分野でしっかり努力を 積み重ねていく」と強調した。

トヨタは2008年3月期に営業利益2兆 2703 億円、当期純利益1兆7178億円 を記録している。
969投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時49分36秒
GMの中国合弁、上海GM…山東省工 場が累計生産200万台

――――――――――――――

累計生産200万台を達成した上海通用 東岳汽車の山東煙台工場

米国の自動車最大手のGMと上海汽車 の中国合弁、上海GMは5月2日、中 国山東省の山東煙台工場の累計生産 台数が、200万台に到達したと 発表 した。

GMと上海汽車、上海GMの3社は200 3年、上海 通用東岳汽車を設立。そ の山東省の工場が、山東煙台工場。 同工場はもともと、2000年に韓 国・ 大宇自動車と山東省が乗用車生産の 合弁工場として建設したもの。2003 年にGMと上海汽 車、上海GMの3社 が買収し、上海通用東岳汽車の山東 煙台工場として、再出発している。

5月2日、山東煙台工場では、累計生 産200万台 目の自動車がラインオフ 。記念すべき200万台 目となったの は、ビュイックブランドの『エクセ ルGT』。ビュイックの中国における 主力車種のひとつ。同工場の生産開 始からちょうど10年 での、200万台 達成となった。

同工場では車両以外にも、エンジン やトランスミッションなどのパワー トレインも製造。ビュイックとシボ レーの両ブランド車に搭載され、南 米、アジア、アフリカ、欧州など世 界20の国 と地域へ出荷されている。

上海GMの叶永明 総経理は、「山東 煙台工場はこの10年間、素晴らしい 業績を残してきた。上海GMの急成 長の原動力だ」と述べている。
970投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時50分11秒
小糸、中期経営計画を策定…2015年 に売上6000億円

――――――――――――――

小糸グループは、2013年度〜2015年 度を対象期間とする中期経営計画を 策定した。

中期経営計画では、2015年度連結業 績見通しとして、売上高は2012年度 比26.9%増の6000億 円、営業利益は 同43.6%増の540億円(営業利 益率9. 0%)を掲げた。

地域別の重点方策として、国内では 魅力ある新商品の開発と高効率生産 ラインの全工場展開を図り、北米で は日系・米国メーカー向けの新規ビ ジネスの拡大および生産体制の拡充 を目指す。

また、欧州では日系・欧州メーカー 向けの新規ビジネスの拡大を、中菊 では生産・開発体制の拡充を、アジ アでは二輪車ビジネスの拡大を図る 。
971投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時50分45秒
カーナビに30キロ制限区域…警察 庁が情報提供

2013年5月9日(木)19:20

警察庁は9日、車の最高時速を30 キロに制限する区域「ゾーン30」 をドライバーに周知するため、区域 の住所情報をカーナビ製造会社など に提供すると発表した。

16日から実施し、カーナビ画面に 該当区域を分かりやすく表示しても らうよう働きかける。区域内の道路 を通行するドライバーに注意を促し 、事故を減らす狙いだ。

「ゾーン30」は、住宅街の生活道 路や通学路で高齢者や子どもが事故 に遭うのを減らすため、警察庁が2 011年、全国の警察に区域設定を 指示。今年3月末現在、43都府県 に455か所あり、同庁は17年3 月までに3102か所に増やす考え だ。

ただ、渋滞した幹線道路を避ける「 抜け道」として、生活道路などを案 内するカーナビもあるといい、同庁 は、歩行者の多い区域内を走ること をドライバーに改めて認識してもら う必要があると判断した。速度が厳 しく制限されていることを嫌がるド ライバーもいるとみており、「区域 内で車の交通量が減って事故の減少 につながる」と期待している。
972投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時51分24秒
1ドル100円時代、トヨタの挑 戦は 新たな局面に−業界地図一変B

――――――――――――――

円相場が約4年ぶりに対ドルで100円 の大台に乗せた。トヨタ自動車など 国内自動車メーカーの多くが適正と してきたこの水準が定着すれば、過 去数年続いた円高の悪影響は解消さ れる。ただ、この間に新興国市場の 急拡大など業界をめぐる競争環境は 一変し、国内メーカーがかつての円 安局面と同じようなメリットを享受 できるかは不透明だ。

10日の外国為替市場では、米国の雇 用改善などを手掛かりにドル買い・ 円売りが加速し、同午前3時前に1 ドル=100円台 を付けた。円相場が 最後に100円台をつけ たのは2009年 4月。前年のリーマンショックに端 を発した不況のさなかだった。多く の車を輸出していた日本の自動車各 社はそれに先立つ数年間、世界的な 好景気と同110円前後を中心とした水 準の円安に支えられ、大きく業績を 伸ばしていた。

円相場は11年10月には戦後最高値の 75円 35銭を記録。円安傾向に転じた のは昨年9月以降で、それまで日本 の自動車メーカーの利益水準は大き く押し下げられていた。日本自動車 工業会の豊田章男会長(トヨタ社長 )は2月の会見で、あまりにも長く 続いた超円高が日本の「自動車産業 の体質を想像以上に傷つけた」と話 したが、過去5年間の数字はこの言 葉を裏づけている。

12年の韓国現代自動車の子 会社の起 亜自動車を含めた世界販売台数は71 2万台と07年比でほぼ倍増。世界 シ ェアでも5.5%から8.8%まで伸ばし た。独フォルクスワーゲン(VW) のシェアも同期間に8.8%から11% に拡大した一方、トヨタは逆に13% から12%に落とし ている。東日本大 震災の影響を受けた11 年度のトヨタ の純利益は2836億円と、ド ル換算で VWに6倍近い差をつけられていた 。

富国生命投資顧問の桜井祐記社長は 、日本の自動車メーカーはかつて多 くの地域で韓国や米国のメーカー、 ドイツのメーカーに対してすら優位 性を保っていたが、競合他社が急速 に追い上げてきており、その差は縮 まっていると指摘。為替が円安方向 に動けば、日本メーカーに有利に働 くのは確かだが、それだけで海外勢 との競争に勝ち抜けるほど単純な話 ではないと話す。
973投稿者:自動車企業最新情報(972の続き)  投稿日:2013年05月10日(金) 11時52分17秒
対ドルで100円のレートは国内自動車 メーカーの幹部の多くが、中立的か あるいは望ましいと繰り返し表明し てきた為替水準だ。

日産自動車の志賀俊之最高執行責任 者(COO)は1月の賀詞交換会で 、同100 円まで円安が進めば国内に 新工場を建てる意欲が出てくるとコ メント。4月に入ってもアンディ・ パーマー副社長が100 円が「中立的 な領域」だとの見方をあらためて示 していた。

トヨタの豊田社長は同80円台後半だ った当時、この水準では「適正レベ ルの域に入っていない」として望ま しいレベルを「100円、あるいは90 円台で安定」と話していた。国内生 産や輸出の比率が業界で最も高いマ ツダの山内孝社長兼会長も2月6日 の決算会見で、輸出企業が活動を維 持するための適正水準は同100円との 認識を示した。

円のドルに対する価値が平均で110円 台半ばだった07年度にトヨタは過去 最高の純利益1兆7179億円を計上。 同年のVWの3倍近く、現代自の8 倍を超える額を稼いでいた。米ゼネ ラルモーターズ(GM)は387億ド ルの赤字を計上し、その後、経営破 綻を迎えることになる。

トヨタは8日、12年度の純利益が前 年度比3.4倍の9622億円と発表した 。また、13 年度は同42%増の1兆37 00億円と予想 し、為替前提は1ドル =90円(前年度83 円)、1ユーロ= 120円(同107円)とし た。

みずほ投信投資顧問の青木隆シニア ファンドマネジャーは、決算発表前 の電話取材に対し、同100円の為替 水準について「トヨタで言えば今期 に過去最高益を更新、というような ことになる」と指摘。今後、設備投 資、研究開発費などの支出を増やす など攻めの姿勢に転換するかに注目 していると話していた。

一方、富国生命投資顧問の桜井社長 は最近までの円高に対抗するため、 国内自動車各社は積極的に生産の海 外移転を進めて国内生産比率を下げ てきたと指摘。多くのメーカーは思 われているほど円安のメリットを享 受できないのではないかと話した。 財務省のデータによると、11年 の自 動車輸出は8兆2042億円。輸出額が 14兆3170億円でピークだった07年と 比べて6割程度の規模まで減ってい る。
974投稿者:自動車企業最新情報(973の続き)  投稿日:2013年05月10日(金) 11時53分33秒
ホンダの岩村哲夫副社長は1月の決 算会見で、極端な円高修正が進んで いることを歓迎すると話す一方で、 為替動向にかかわらず、需要地に近 いところでの生産が基本となると強 調し、生産地域に関する戦略を変え るつもりはないと述べた。

円高を追い風に現代自などの激しい 追い上げを受けてきたとはいえ、日 本の自動車メーカーの競争力が落ち ているわけではない。自動車調査会 社、IHSオートモーティブの西本 真敏アナリストは「07 年や08年のこ ろと比べて損益分岐点は相当下がっ ているので、より低いコストで車が 生産できるようになっている」と指 摘し、国内自動車メーカーの商品競 争力は5年前よりも上回っていると した。

ただ、現在は欧州市場で不振が続く ほか、北米や新興国市場も競争環境 激化などで厳しさを増しており、米 国の住宅バブルがけん引し世界的な 好景気にわいたころと比べると市場 環境は良くないと述べた。

何事にも慎重な日本の自動車メーカ ーが為替相場の動向を見極めて円安 トレンドにあわせた施策を打ち出す までに半年から1年ぐらいかかるだ ろうとみている。為替水準が98円か ら100円程度で安定的に 推移すれば 、「配当を引き上げ、自社株を買う などの具体的な対策が徐々に取られ ていくことになろう」と話した。
975投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時54分10秒
日経平均257円高で寄り付く、ドル・ 円が100円台

――――――――――――――

10日の日経平均株価は前日比257円7 6 銭高の1万4449円24銭で寄り付いた 。

ドル・円が4年1カ月ぶりに100円台 を回復したことで、輸出関連株を中 心に買いが先行し、ほぼ全面高商状 。今期業績予想の前提為替レートを 1ドル=90円台に 設定している輸出 企業が目立っており、ドル・円の大 台回復で円安による採算改善への期 待が高まっている。

トヨタ自動車<7203> やホンダ<7267 > など自動車株が買われ、ハイテク 株でも、今期最終増益予想のソニー <6758> などが上昇した。個別では、 わずか3カ月 で再び1対10の株式分割 を実施するジャスダック上場のガン ホー・オンライン・エンターテイメ ント<3765> が買い気配。インドで 貨物鉄道建設を受注と報じられた双 日<2768> も高い。

一方、今期減収減益予想のバンダイ ナムコホールディングス<7832> は 売られている。今期見通しが市場コ ンセンサスを下回った武田薬品工業 <4502> も軟調。前期で営業益6割減 のヤマダ電機<9831> も安い。
976投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時54分46秒
ルネサス、最終赤字1675億円オ ムロン作田氏の手腕に期待

――――――――――――――

経営再建中の半導体大手ルネサスエ レクトロニクスが9日発表した20 13年3月期の連結業績は、最終損 益が1675億円の赤字となり、前 期(626億円の赤字)から一段と 悪化した。売り上げ減に加え、人員 削減などの構造改革費用に1339 億円の特別損失を計上したためだ。 最終赤字は発足以来3年連続で、統 合前を含めると8年連続となる。

売上高は、産業用やパソコン、家電 製品向け半導体の落ち込みが響き前 年度比11.0%減の7857億円 だった。本業のもうけを示す営業損 益は232億円の赤字(前期は56 7億円の赤字)となり、厳しい経済 環境の中で収益改善は足踏みしてい る。

ルネサスは、官民ファンドの産業革 新機構とトヨタ自動車など8社が9 月末までに総額1500億円を出資 し買収される。2014年3月期の 連結業績見通しは「中期展望を含む 業績予想を策定中」(鶴丸哲哉社長 )であることを理由に革新機構など の出資後に公表すると説明した。

また、早期の経営再建に向け、会長 兼最高経営責任者(CEO)にオム ロンの作田久男会長を充てる人事を 正式発表。鶴丸社長は続投する。鶴 丸社長は作田氏について「経営者と しての高い力量と経験はルネサスの 力になる」と期待を示した。

ルネサスは増資とともに、1万人規 模の人員合理化や国内生産拠点の半 減などの構造改革を進めている。こ の日、業績予想をはじめ構造改革の 進展や黒字回復への道筋についてル ネサス側は具体的に話すことはなか った。課題が山積する中、政府が出 資する革新機構が大株主となり主導 権を握るルネサスの再建に失敗は許 されず、新たな経営陣にはより迅速 で抜本的な判断が求められている。
977投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時55分34秒
トヨタ小平副社長「全体としての効 率性をさらに高めるということに尽 きる」

――――――――――――――

トヨタ自動車の小平信因副社長は、 リーマン・ショック前の2008年3月 期に記録した水準まで利益を回復す る条件として「全体としての効率性 をさらに高めるということに尽きる と思っている」と述べた。

小平副社長は5月8日に都内で開いた 決算会見後の囲み取材に対し、「今 までもずっとやってきたが、まずは 商品力をさらに強化して、お客様に お求め頂けるよう、商品をしっかり 造っていく。その中で原価をしっか り低減し、それで全体としてさらに 効率性の高い経営をやっていくとい うことが第一と思う」と指摘。

さらに「設備投資についても、リー マン・ショックの時の反省を踏まえ て、効率的にしたいということで、 原単位4割削 減でやってきた。そう したことをさらに追求をして固定費 を削減していくこと、全体としての 効率性をさらに高めるということに 尽きる」と述べた。

また今期の連結営業利益予想1兆800 0億 円の達成に向けては「原価低減 、今までやってきたことをさらに突 き詰めて、愚直にやっていくという こと。何かこれをやれば更に抜本的 に良くなるというようなものはない 。それぞれの分野でしっかり努力を 積み重ねていく」と強調した。

トヨタは2008年3月期に営業利益2兆 2703 億円、当期純利益1兆7178億円 を記録している。
978投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時56分19秒
マツダ、社長に小飼雅道氏?改革路線 を継承、山内氏は会長専念

――――――――――――――

マツダは9日、山内孝会長兼社長( 68)が代表権のある会長職に専念 し、小飼雅道取締役専務執行役員( 58)が社長兼最高経営責任者(C EO)に昇格する人事を発表した。 6月25日に開く株主総会後の取締 役会で決定する。

2013年3月期に5期ぶりの黒字 化を果たしたのを機に経営陣の若返 りを図る。小飼氏は「構造改革プラ ンを確実に遂行するのが自分の役割 」と述べた。その上で「社員だけで なく販売の第一線や取引先、ステー クホルダー、ビジネスパートナーの 協力があってこその構造改革」と語 った。

小飼氏は生産畑が長く、国内工場の 工場長やタイ合弁工場の社長も務め た。モノづくりの立場から構造改革 に取り組んできた。山内社長は小飼 氏について「モノづくりの現場とい うしっかりとしたバックボーンがあ りバランスのとれた人材。技術開発 だけでなく営業力やブランド力強化 という課題についても理解がある」 と述べた。
979投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時56分54秒
小飼マツダ次期社長、「お客様のひ と言に耳を傾けたい」

――――――――――――――

マツダの山内孝会長兼社長は5月9日 に東京で、次期社長兼CEOに内定し た小飼雅道・取締役専務執行役員と ともに記者会見した。

山内社長は、後任に指名した小飼専 務について「マツダの誇るモノづく りの現場をバックボーンにもつが、 開発や品質、調達などの経験も重ね た。営業強化にも強い思い入れがあ り、バランスの取れた経営者」と評 した。メキシコなど海外工場の展開 が当面の課題となるため生産畑を軸 にしながらも、幅広い見識を備えた オールラウンドプレーヤーにバトン を託すことになる。

小飼専務はマツダの舵取りを担うに 当たり、「お客様、販売店のひと言 ひと言に耳を傾け、次の商品にフィ ードバックすることを原点としたい 」と抱負を述べた。また、「マツダ は(自動車メーカーとして)大きく ないので、その分、全社が一丸にな れる。開発から販売までお客様との 距離を縮めていくよう取り組みたい 」と、強調した。

山内社長は、黒字転換が見えてきた 「昨年秋の中間決算時点で社長交代 を決意した」とし、小飼氏には3月 に伝達したという。
980投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時57分34秒
トヨタ紡織など、パキスタンに自動 車部品生産の合弁会社設立

――――――――――――――

トヨタ紡織は、現地自動車部品メー カーのタール社と豊田通商の3社で 、自動車部品を生産する合弁会社を パキスタンに設立すると発表した。

新会社「タール紡織パキスタン」は 、トヨタ紡織グループにとって、パ キスタンにおける初めての生産拠点 となる。

パキスタンは、継続的な人口増加に より大きな成長が期待される市場で 、自動車の生産台数も大幅な増加が 見込まれている。同社はこれまでタ イをはじめとする各国で、パキスタ ンに供給するシートフレーム構成部 品やエアクリーナーを生産してきた 。その工程の一部を、タール社の工 場を活用する新会社に移管し、2014 年7月 より生産を開始。将来的には 、シート組立をはじめとする事業拡 大を目指す。

新会社の資本金は1億9000万パキス タンルピー(約1億6000万円)、株 主構成はタール社55%、トヨタ紡織 35%、豊田通商10%。生産能 力は年 産約5万台。
981投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時58分09秒
鬼怒川ゴム通期決算、輸出向け部品 が不振で大幅減益

――――――――――――――

鬼怒川ゴム工業が発表した2013年3 月期の連結決算は、営業利益が前年 同期比23.5%減の63億 8300万円と、 大幅減益となった。

日産など、主要得意先の自動車生産 は、国内は前年同期比で約1割減少 、海外は中国での販売減少により海 外全体では微増、グローバルでは前 年同期並みとなった。売上高は同6.2 %減の662億2100万円となった。

損益については、調達資材のLCC化・ 汎用化及びアジアでのモノ造り改善 活動などを継続したものの、製品構 成の変化、輸出向け部品の減少、新 車立ち上げコストや部品輸送コスト 増などにより悪化。経常利益は同17. 6%減の70億 4600万円、純利益が同2 5.0%減の39億7500万円 となった。

今期の業績見通しは、売上高が6.5% 増の705億 円、営業利益は17.5%増 の75億円、経常利益は 7.9%増の76 億円、純利益は5.6%増の42億円と した。
982投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時58分43秒
スズキ鈴木会長、軽シェアは何とし ても30%を

――――――――――――――

スズキの鈴木修会長兼社長は5月9日 の決算発表会見で、国内の軽自動車 販売シェアが2012年と 12年度に30% 割れになったことについて「わずか でも30%を割り込むのは非常に残念 。何としても挽回したい」と強調し た。

スズキは13年度の軽販売について前 年度を1% 下まわる58万台と、ほぼ 横ばいの計画を打ち出している。鈴 木会長は今年度の全体需要について は「各社が予測している170万から1 90万台の 範囲」との見通しを示した 。

同社の計画は総市場が180万台規模で 32%程度 のシェアとなる。鈴木会長 は「(営業部門は)もう1軒、もう1 台と粘りが必要。58万台は執念 を燃 やしてやらなければならない」と述 べ、台数、シェアとも必達の構えを 示した。
983投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時59分18秒
スズキ、今期営業利益は最高の1500 億円に

――――――――――――――

スズキは5月9日、2014年3月期の連 結業績予想を発表した。営業利益は 前期比4%増の1500億 円と、08年3月 期(1494億円)以来6期ぶりの過 去 最高を見込んだ。

今期の4輪車世界販売は5%増の280 万3000台を 計画しており、前期に続 く最高となる。国内は2%の減少を 見込むものの、インドを含むアジア で11%増の175万6000台とけん引さ せる。

売上高は9%増の2兆8000億円、前期 に過去最高を更新した純利益は12% 増の900億円と2期連続 記録更新の予 想とした。

為替レートは1ドル90円、1ユーロ12 0円、さら にインドルピーも円安を 想定しており、営業利益段階で円安 が260億円の増益効果をもたら す。 鈴木修会長兼社長は、前期に営業赤 字が119億円に膨らんだ2輪事業につ いて「2年はか かるだろうが、量を 追いながら黒字転換させたい」と語 った。
984投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 11時59分56秒
マツダ社長に小飼専務が昇格

――――――――――――――

マツダは5月9日、小飼雅道取締役専 務執行役員(58)が社長兼CEO(最 高経営責任者)に昇格する人事を内 定したと発表した。山内孝社長兼CE O(68)は、社長職とともに兼務し ている会長職に代表権をもってとど まる。いずれも6月 25日に開く株主 総会後の取締役会で就任する。

山内社長は、米フォードモーターと の提携関係が見直された2008年11月 に就任しており、SKYACTIV技術の導 入やモノ造り革新などの構造改革を 進めてきた。13年3月期の業績が5年 ぶりに黒字転換したのを機に、経営 体制の若返りを図る。

小飼次期社長は1977年に東北大工学 部を卒業後、マツダに入社。2004年 執行役員防府工場長、08年常務執行 役員、10年から取締役専務執 行役員 。長野県出身。
985投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 12時34分29秒
GM、インドネシア新工場を稼働…小 型MPVがラインオフ

――――――――――――――

米国の自動車最大手、GMは5月8日、 インドネシア西ジャワ州北西部のブ カシに完成した新工場の開所式を行 った。

新工場は、GMが1億5000万ドル(約 150億円) を投資して建設。年産能 力は4万台で、インド ネシア国内向 けだけでなく、タイやフィリピンな どASEAN主要国への輸出を計画。ま た新工場は、700名の雇用を創出す る。

GMは2000年代の半ば、ジャカルタ 郊外の工場を閉鎖し、インドネシア の現地生産から撤退。今回、再びイ ンドネシアでの生産に乗り出した。

5月8日、ブカシ工場ではシボレー『 スピン』(SPIN)の量産第一号車が ラインオフ。同車は3列シート、7名 乗りのコンパクトMPV。2列 シート の5名乗り仕様も用意される。インド ネシアなど、新興国を中心に販売さ れるため、価格は抑えめ。GMによ ると、クラス唯一の6速AT が設定さ れるという。

新工場の開所式には、インドネシア の産業大臣らが出席。GMのティム ・リー副社長は、「インドネシアは GMにとって、最も成長を遂げて い る市場のひとつ。これが現地生産に 乗り出す理由」とコメントしている
986投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月10日(金) 12時35分05秒
スバル、米工場に4億ドル投資…イン プレッサ現地生産へ

――――――――――――――

スバル(富士重工)の米国生産子会 社、SIA(ス バル・オブ・インディ アナ・オートモーティブ)は5月8日 、米国インディアナ工場におよそ4 億ドル(約395億円)を投資し、生産 能力を増強すると発表した。

インディアナ工場では現在、『アウ トバック』(日本名:『レガシィア ウトバック』、『レガシィ』(日本 名:『レガシィB4』、北米専用 SUV の『トライベッカ』の3車種を生産中 。

今回の投資によって、スバルはイン ディアナ工場の製造ラインを拡張。 2016年から、『インプ レッサ』の現 地生産を開始する。インプレッサは 現在、スバルの群馬県矢島工場のみ で組み立てられている。

インディアナ工場では2012年度、27 万1583台を 生産。工場の拡張工事が 完了すれば、同工場の年産能力は10 万台追加される予定。同時に900 名 の雇用も創出する。

SIAのトム・イースターデイ上級副社 長は、「従業員はSIAでインプレッ サを組み立てることに興奮している 。今後も高い生産クオリティを維持 していく」とコメントしている。
987投稿者:BeatsByDre  投稿日:2013年05月12日(日) 03時16分08秒
“This transaction provides a possibility for Beats to move coming from a more traditional corporate venue with an exceptionally creative campus establishing, better reflecting its brand and offering a fascinating, open work environment to its employees, ” Gorin said. Beats By Dre http://www.beatsbydrdre5uk.co.uk/
988投稿者:NcredibleNtuneHeadphones  投稿日:2013年05月12日(日) 03時16分18秒
WIN A couple Beats by Dr Dre By yourself HD Headphones In Light, RRP £169. 95 Ncredible Ntune Headphones http://www.beatsbydrdre5uk.co.uk/beats-by-dr-dre-ncredible-ntune-headphones-from-nick-cannon-p-321.html
989投稿者:BeatsSoloTotemPatternBlackHeadphones  投稿日:2013年05月12日(日) 03時16分22秒
However complainant have any excellent track records going after. co’s winning over 99% of the time, I think the complainant in cases like this is clearly overreaching and hopefully will finish up with our first Reverse Domain Hijacking finding for some sort of. co. Beats Solo Totem Pattern Black Headphones http://www.beatsbydrdre5uk.co.uk/beats-by-dr-dre-pro-solo-totem-pattern-headphones-black-p-310.html
990投稿者:BeatsProBlackYellowDiamond  投稿日:2013年05月12日(日) 03時16分30秒
These days, the business started by one of many world’s most influential-and richest-rappers, Dr. Dre. is commanding top billing among audio equipment providers. Dre is sitting more pretty after HTC purchased a 51 percent stake within the company in 2011 towards tune of a claimed $100 million. (HTC later sold back 25 % to Dre and co-founder Jimmy Iovine regarding $125 million.) Beats Pro Black Yellow Diamond http://www.beatsbydrdre5uk.co.uk/beats-by-dr-dre-pro-black-yellow-headphones-with-diamond-p-329.html
991投稿者:SoloBeatsBlackHeadphones  投稿日:2013年05月12日(日) 03時16分33秒
NICKI MINAJ NOT DONE WITH ‘RE-UP’ ALBUM, NEW PRODUCTS ON THE WAY Solo Beats Black Headphones http://www.beatsbydrdre5uk.co.uk/solo-beats-high-performance-onear-headphones-black-p-194.html
992投稿者:新ハリックス  投稿日:2013年05月13日(月) 11時46分08秒
987〜991までの記事には一切関わらない様に
993投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時46分41秒
KYB通期決算、二輪・四輪用サスペ ンション不振で大幅減益

――――――――――――――

KYBが発表した2013年3月期の連結決 算は、営業利益が前期比51.4%減の 104億7300万円で、大 幅減益となっ た。

売上高は同9.3%減の3057億5200万 円だった。二輪・四輪用サスペンシ ョンや産業用油圧機器が不振だった 。

経常利益は同40.4%減の135億6100 万円、純利益は同44.0%減の77億89 00万円だった。

今期の業績見通しは、四輪用サスペ ンションや産業用油圧機器の需要が 回復するとし、売上高は9.9%増の3 360億円、営業利益は50.9%増の 158 億円、経常利益は22.4%増の166億円 、純利益は28.4%増の100億円とし た
994投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時47分15秒
ニッパツ通期決算、自動車生産回復 で営業利益33.5%増

――――――――――――――

ニッパツが発表した2013年3月期の 連結決算は、営業利益が前期比33.5 %増の300億2000万 円で、大幅増益 となった。

売上高は同15.3%増の5079億8500万 円。国内外での自動車の増産により 、懸架バネ事業、シート事業が堅調 だった。

増収により、収益面も大幅に改善。 経常利益は同46.2%増の349億0700 万円、純利益は同21.5%増の203億3 300万円となった。

今期の業績見通しについては、国内 の自動車生産は減少するものの、米 国や中国、アジア新興国などでの需 要拡大を織り込み、売上高は前期比 12.2%増の5700億円。営業利益は同2 6.6%増 の380億円、経常利益は同14. 6%増の400億円、 最終利益は同32.8 %増の270億円とした。
995投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時47分56秒
NOK通期決算、日中関係悪化影響を 北米・東南アジアでカバー

――――――――――――――

NOKが発表した2013年3月期の連結 決算は、営業利益が前期比11.6%減 の265億1900万円で、 減益となった 。

売上高は同9.2%増の5408億5900万 円。自動車向けシール事業は、日中 関係の悪化で中国での日系車メーカ ー向けの販売が減少したものの、北 米や東南アジアでの好調な販売がカ バーした。

新興国における人件費の増加などで 経常利益は同1.5%増の352億0200万 円、純利益が同38.7% 増の222億160 0万円だった。

今期の業績見通しは、売上高が7.2% 増の5800 億円、営業利益は12.0%増 の297億円、経常利 益は7.4%減の32 6億円、純利益は16.3%減の 186億円 とした。
996投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時48分33秒
タチエス通期決算、中国売上減少な どで大幅減益

――――――――――――――

タチエスが発表した2013年3月期の 連結決算は、営業利益が前期比19.3 %減の61億2000万円 で、大幅減益と なった。

売上高は同6.7%増の2176億9200万 円。中国において日系自動車メーカ ーの販売減少による影響は受けたも のの、東日本大震災やタイ洪水被害 の影響の解消により国内を中心に販 売が回復した。

損益については、中国における売上 高減少の影響に加え、メキシコ新会 社の立上げ費用の発生や国内での売 上構成の変動等により、営業利益は 大幅に減少。経常利益は同8.2%減の 93億 2600万円、純利益が同12.0%減 の55億9300万円 だった。

今期の業績見通しは、カナダ子会社 での受注車種の生産終了や新設会社 の稼働準備に係る先行費用発生の影 響等を織り込み、売上高は6.7%減 の 2030億円、営業利益は15.0%減の52 億円、経常利益は20.7%減の74億円 、純利益は28.5%減 の40億円とした
997投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時49分15秒
極東開発の通期決算…特装車好調で 大幅増益

――――――――――――――

極東開発工業が発表した2013年3月 期の連結決算は、営業利益が前年同 期比73.6%増の51億 3400万円と大幅 増益となった。

売上高は同13.2%増の767億2400万 円。主力の特装車事業が順調に推移 したほか、環境事業、不動産賃貸等 事業でも売上を伸ばした。

収益は、経常利益が同76.5%増の56 億0800万 円、当期純利益は同43.6% 増の31億7100万円 だった。

今期の通期業績見通しは、売上高が 前期比5.6% 増の810億円、営業利益 は同7.1%増の55億円、 経常利益は 同5.5%減の53億円、最終利益は同 0. 9%増の32億円とした。
998投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時49分57秒
ホンダマレーシア、シビックハイブ リッドの販売目標を上方修正

――――――――――――――

ホンダ・マレーシアは9日、ハイブリ ッド車の売上が好調なことから「シ ビック・ハイブリッド」の年間販売 目標を1200台から3200台に上方 修正 した。月間の目標は270台。

今年4月までにホンダは、ハイブリッ ド車を1万 6300万台販売した。うち2 460台が「シビック・ ハイブリッド 」となっている。

ホンダはアップグレード版の「シビ ック・ハイブリッド」を発表した。 リアカメラ・システムと携帯電話の ハンズフリー通信システムが搭載さ れた。新機能を搭載したが、価格は 11万 9,980リンギを維持する。タイ からの完成車(CBU)となる。
999投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時50分45秒
トヨタ、円高でも利益出る体質へ… 過去最高益更新のカギとリスクとは ?

――――――――――――――

トヨタ自動車は5 月8日、2014年3月 期決算の本業のもうけを示す連結営 業利益が、前期比36.3%増の1兆800 0 億円になるとの見通しを発表した 。北米や東南アジアを中心に海外で の販売が好調を維持するほか、12年 秋からの円安基調が年間を通じて続 けば円安効果は4000億円に達すると みている。

自動車担当アナリストは14年3月期の 為替レートを1ドル=95円と設定し、 連結営業利益は2兆500億円になると 試算している。円安は、輸出の比率 の高いメーカーにとってプラス要因 だが、トヨタが最も恩恵を受ける。 国内で生産した乗用車の半分以上を 輸出しており、円安により採算が飛 躍的に良くなるためだ。

為替が1ドル=100円近辺で定着すれ ば、さらに、利益の上振れは確実。 リーマン・ショック前の08年3月期 の過去最高益2兆2703億円を更新す る可能性が出てくる。トヨタは1円 の円安で年間の営業利益を、350億 円程度押し上げる効果があるとして いる。

トヨタの今期の決算の見通しは慎重 だが、豊田章男社長は、営業利益が 6年ぶり に2兆円規模になることを視 野に入れている。

同時に発表した13年3月期の連結決算 (米国基準)によると、売上高は前 期比18.7%増の22兆642億円、営業 利益は3.7 倍の1兆3209億円、当期純 利益は3.4倍の 9622億円だった。

13年2月に公表した3月期の営業利益 の予想は1兆1500億円だった。1〜3 月の想定為替レートを1ドル=84円と みていたが、実際には90円を超える 円安水準で推移したため、利益を大 幅に押し上げた。

営業利益は独フォルクスワーゲンの 2012年12月期の115億1000万ユーロ (約1兆4735億円)にほぼ匹敵する 。

実は業界関係者は「国内事業が中心 の単体決算の黒字転換は確実だが、 どの程度、黒字になるか」に注目し ていた。単体決算の売上高は同18.4 %増の9兆7560億 円、営業利益は242 1億円(前年は4398億 円の赤字)、 当期純利益は6978億円(前 年は358 億円の黒字)。営業利益は従来予想 の200億円の赤字から黒字に転換した 。単体決算の営業黒字化はリーマン ・ショック直前の08年3月期以来5年 ぶりのことだ。4300億円台の赤字だ った前期に比べて、営業利益は6800 億円強、上振れしたことになる。

リーマン・ショック以降、国内の過 剰設備が重荷になっていたが、固定 費の削減を進めた結果、損益分岐点 が下がった。トヨタの首脳は、「円 安にならなくても単体決算を黒字に できる力がついてきた。円安で黒字 転換したと言わないでほしい」と語 っていた。本音を言えば「超円高の 時点で、きちんと黒字を出せるよう にしたかった」のだろう。

海外を含め、原則3年間は新しい工場 の建設を見送る方針を公表済みで、 今後、コストが大幅に膨らむことは ない。単体決算の14年3月期の営業 利益は、前期の2.5倍の6000億円を 見込んでいる。豊田章男社長は「リ ーマン・ショックのような世界的な 危機が襲ってきても、きちんと利益 をあげられる持続的な体制がようや く整った」と自信を深めている。「7 00万 台でも黒字を維持できる体質に なった」。

13年3月期のダイハツ工業と日野自動 車を含めたトヨタグループの世界販 売台数は過去最高の969万台となっ た。北米や東南アジアでの販売が好 調で、欧州や中国での低迷を補った 。14年3月期の世界販売 台数は1010 万台を計画。世界初の販売台数1000 万台超えを狙う。

今後のトヨタの事業リスクは中国市 場だ。12年の反日デモの影響から立 ち直っていない。中国市場の新車販 売台数は13 年1〜3月期が前年同期比 12.7%の減少。4 月は同6.5%減だっ た。減少幅は縮まっているが、依然 、前年の水準には届かない。いつ反 日デモ前の状態に回復するかは不透 明だ。

トヨタの株価の終値は、決算発表当 日の5月8日は80円高の5840円。一時 、年初来の高値(5880円)をつけた 。2007年の 高値、8350円にはまだま だ距離があるが、連結営業利益2兆 円台乗せが確実視されるようになれ ば、この水準に近づくことになるか もしれない。
1000投稿者:自動車企業最新情報  投稿日:2013年05月13日(月) 11時51分21秒
タカタ通期決算、リコール対応コス トで4 期ぶりの赤字

――――――――――――――

タカタが発表した2013年3月期の連 結決算は、最終損失が211億2200万 円で4期ぶりの赤字と なった。米国 での助手席用エアバッグ部品のリコ ール費用約300億円が原因。前期は1 19億3700 万円の黒字だった。

売上高は主に米州、アジアでの増収 により、前年同期比8.6%増の4155 億2100万円となった。 営業利益は同 6.4%増の144億9300万円、経常利 益 は同26.3%増の170億5000万円とな った。

今期の業績見通しは、売上高が10.7 %増の4600 億円、営業利益は38.0% 増の200億円、経常利 益は11.4%増 の190億円、最終損益は130億円の 黒 字とした。
1001投稿者:堂本  投稿日:時空の歪
最大レス数に達しましたのでこれ以上書き込めません(´ー`)y-~~。
次のスレッドへ移行して下さい。
http://amezor-iv.net/book/130513115121.html
1001投稿者:nケ・ウ・ヤゥ`  投稿日:2017年08月24日(木) 15時04分33秒
。ィD。ィD。・ヨ・鬣・ノム・ネヒ壥エサワS。ィD。ィD。
タマオ饑露卅ヘ、マヨチノマNニキホ、ホ検餤、ホノフオ
ヒヘ。チマ殪。チマ。。
。2017ト遙ラミツラニキ、箏ヌ因。」
ゥヌ・ォ・・ニ・」・ィ
ゥヌ・ッ・・爭マゥ`・ト
ゥヌ・・・テ・ッ・ケ
ゥサ・・」・ネ・・ウ・ヤゥ`
。・ヨ・鬣・ノキ。・ヨ・鬣・ノム・。・ヨ・鬣・ノ・ミ・テ・ー。
。ク゚ニキル|。」ケHヒル゚_濔ア羃kヒヘ。」ーイミト 。」ラオヘクア」ヤ^。」
」゚|。|_|ヒヘ|_ |チマ|」゚|。|殪|_|チマ」゚|。|_|( ^_^ )」ィネユアセネォケ)
。啝モュケ簀R。ヒヘチマ殪チマ
。、エーイミトル省、ッ、タ、オ、、、゙、サ。」
。、エラ「ホト、エ、チ、キ、ニ、ェ、熙゙、ケ
。、隍、キ、ッ、ェ侃、、、、ソ、キ、゙、ケ_(._.)_
nケ・ウ・ヤゥ` http://www.watchsjp.com/brand-200.html
1002投稿者:堂本  投稿日:時空の歪
最大レス数に達しましたのでこれ以上書き込めません(´ー`)y-~~。
次のスレッドへ移行して下さい。
http://amezor-iv.net/economy/170824150433.html
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加