Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 317

Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 343

Notice: Undefined variable: multipart in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: hidden_size_max in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: input_typ_file in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: i in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 109
新聞記事について語る
新聞記事について語る
468投稿者:言質  投稿日:2017年06月08日(木) 07時17分37秒

、、余計なものは、、それが仲間であろうと、、それが、、たとえ神であろうと切り捨てる最も身震いする種族が我々だ、、ということだが、、。

ttp://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/cr_otokojuku/character/img/img12.jpg
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/542789421334921216/C-2GTAyB.jpeg
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/805777608105263105/X6yhaga3.jpg

、、、サウロンとの会話があった、、。、、このときには、、アーリアの親玉・シンドバッドもエジプトの親玉・ナウシカも全てサウロンの手中に落ちておかれていた、、。
ttps://i.ytimg.com/vi/4Vqp2h5RfHg/hqdefault.jpg
ttp://total-idea-plan.com/blog/wp-content/uploads/rikiishi.png

、、、サウロンは私を引き連れて江田島のところへ行き話しかけたことがあった、、。、、そのときに、、普段穏やかな江田島が一変し、、、見たこともない悪魔以上の恐い何かへと変わった、、。、、その恐さはサウロンとは比較にならない、、。、、ただし、、一方ではサウロンも平気で通す、、。、、江田島ほど恐い人間は世界中に一人もいないことについてサウロンは大昔からしっていたためだ、、。、、捨て去るものは、、神であろうと本当に捨てる人だ、、。、、壊れていく神は、、そのような貧弱なものとして見送っていくのだが、、本当にそういう人だ、、。、、神までをも疑い、、余計なものなら本当に捨てて見送る人だったのだ、、。

、、ということなのだが、、サウロンが江田島に話しかけた、、

ttp://densetsunavi.com/wp-content/uploads/2015/11/2015-11-10_154357.png、、神のものが悪魔の最深部に来たら、、神は、、悪魔以上の凶暴な獣に見える、、。

、、サウロン・ラオウ・tanasinnはいった、、。、、、あらゆるものは我々に壊されて取り込まれていく、、。、、神も人間もその領域で全てが配置されているにすぎない、、。

、、私は、、サウロンのいつものやり方であり、、さっさと、、野獣として見限って岩板割から壊して消し去っていく、、と思われたのだ、、。、、ただし、、地球人類上ただ一人、、江田島だけは話しかけの応答が違っていた、、。

、、話は続く、、

、、このように、、神も人も取り込んできたんだ、、とサウロンはいい、、ウチラの仲間のものも神のところへ配置しておいたりもする、、と言うことだが、、私がそのようにはるかな大昔から世界のあらゆるものを従えてきたんだ、、このことはお前には解るまい、、とサウロンは言った、、。

、、これは本当だ、、。、、エジプト系もアーリア系もそのような領域で全て配置されてきてうなずくことだろう、、。、、しかし、、地球人類のうち江田島だけは違ったのだ、、。

、、それにたいして、、江田島は直ぐに答えた、、。、、そのような前の領域があるのなら、、究極の最高位の我々の種族は、、誰がどのような領域で発生し、、どのような経過を経て現在にまでいたっているのかまで隅々まで調べ上げることまでするんだ、、と答えた、、。
ttps://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRpdXvHpdu3vsmNGegdjivBwHR8e_FGUpzn7_IVpOdzVMiPTRcWQw

、、そのようにして、、然るべき配置をしてウチラが取り仕切るんだ、、と、、。
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/659237634/PDVD_433_400x400.jpg

、、、ああ、、こいつだけ、、答えが違った、、。、、前例がない、、。、、底なしの閻魔の閻魔の究極の鬼だ、、と気づいた、、。、、江田島だけは言うことが誰に対しても全然違ったところで恐い、、。、、誰もが本当の意味で身震いするところのものだ、、と言うことが明らかとなった、、。、、誰もがつけいる隙がない、、。
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/2998789131/1a8e9a417c310cec85db7abe57a81265.png

469投稿者:言質  投稿日:2017年06月08日(木) 07時50分22秒

、、もはや、、切り札のルパン・城戸もいない、、地球人類のあらゆるものを壊して、、最後に、、最も手ごわい江田島のところにサウロンは私を連れてやってきていたのだ、、。

、、サウロンの闇の最深部の領域、、当然、、身震いする光景のものであり、、景観が違う、、。、、ネクロノミコン、、。

ttp://funguerilla.com/images/strange-weird/escape/escape13.jpg
ttp://cf.tgbus.com/UploadFiles_8127/201208/2012082412593989.jpg
ttps://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/ac/0c/95/ac0c9516a4ae49b5e1f546e09354a7a8.jpg、、破壊力の渦巻く強烈な重圧の領域、、。

、、さらに、、サウロンは話を続けた、、。

ttp://static2.fjcdn.com/comments/My+sons+please+do+not+fight+_96711bce8c4e61c7d5241330fe806a51.jpg

、、我々は、、神であろうと悪魔であろうと何者であろうと、、壊して手を込んで配置していくんだ、、。、、お前もその中の一人に過ぎない、、といった、、。

二次元グロ@ふたば  GUROchan 

、、神々もお前等も、、気づかないようにウチラが壊しておいてきたんだ、、と言った、、。(、、つまり、、オカマ、、。)、、ただし、、くるときが来たら、、あからさまに岩板割で壊して捨てていくんだ、、といった、、。
ttp://livedoor.blogimg.jp/conbul/imgs/a/0/a01e835b.jpg
ttps://www.ccp.jp/muscular/img/volex_baffa_beard/title_baffa_special.jpg

、、その範囲でお前も含め全てのものが配置されているだけだ、、とサウロンはいった、、。

、、それにたいして江田島はこう答えた、、。

、、そのことについては、、我々は、、気づくこともなく壊されているのかもしれないが、、しかし、、我々は、、傷つくこともなく一向に気にもせずに、、悪魔のお前たち以上の何かになり、、それを現実に押し通して、、現実も世界も変わってしまっており、、それにお前が着いていけなくなるだけだ、、と答えた、、。、、つまり、、進化ということだが、、。
ttps://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ5XmasPeMgTDXaYqOLA8uq9UqW2X7vedDRLd_O4FmTYN-Rp09C

、、、さらに江田島は言った、、。

、、、、。



Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: at in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: lskey in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加