Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 317

Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 343

Notice: Undefined variable: multipart in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: hidden_size_max in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: input_typ_file in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 344

Notice: Undefined variable: i in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 109
新聞記事について語る
新聞記事について語る
579投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 12時43分50秒

、、メイカ、、記憶喪失、、イカットンビ、、。、、記憶が狂う、、。、、何がなんだかわからなくなる、、。、、発狂して死ぬ人も居る、、。、、悪魔に分離して消えてなくなっていく人や神も居る、、。

、、江田島は、、神が操られているのを見たとき、、直ぐに世界中の人を殺すところで動き、、アフリカ人をぶっ壊して殺し、、インド人もぶっ壊し、、アラビアについては時間をかけてぶっ壊すところで配置していった、、。、、そして、、インド人をぶっ壊す際に、、エジプトを長期に捨てていくことを言っていた、、。

ttps://chungyin.files.wordpress.com/2007/03/jian-tian-dow.jpeg、、地球人類に皆殺しの処置を取った、、。

、、記憶が飛んで、、後で突然思い出すもの、、。、、江田島ははじめに地球人類を殺しぬいた、、。

、、今私もそうしている途中、、。

、、地球人類に対する裁き、、。
580投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 12時46分46秒

、、テロと強制連行だ、、といったろ、、?、、皆殺し、、。

、、とりわけ、、私は、、世代交代のうち究極のものでありありとあらゆるものの知りうる最も恐ろしいもの、、。

、、岩盤割について知らない人については人間でないのでぶっ壊して捨てて葬るのは当たり前の話、、。

、、そんな訳で、、地球人類の人口は4分の1に激減していく、、。
581投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 12時50分54秒

、、中東のユダヤの下りのイスラムの連中を江田島やルパンは、、ぶっ壊しぬくところで裸の王様で置いた、、。

、、、イスラエル建国を許したイギリスも恐らくルパンの仕業、、。

ttps://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/34/14/bb/3414bbc123d466ad2004bd6b1d9b6e5f.jpg
582投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 12時52分13秒

、、正しいだろ、、?、、文句有るまい、、。
583投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 20時08分16秒

、、実は城戸にも種類があって、、大きい城戸(江田島)、、中くらいの城戸(ルパン)、、小さい城戸(ノビタ)、、があって、、色んな城戸が居るんだが、、

、、とりわけルパンの方の城戸の性格と言うのは、、皆が違うときには、、皆を殺していくといって真ん中に来る則天武后みたいなことはなく、、普通に済まして皆を見渡して放置していく性格で成り立っている、、。

、、そして、、始末する時は、、チョコっとチョコ細工を入れてぶっ壊して捨てていく、、と言う風になっている、、。、、この手の人、、有名だろ、、?、、毛利もジェダも凄く恐がっているところの人、、。

ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/07/1702da44fdad58d935cc5d468f5a56de.jpg、、1万5千年位前、、
ttp://www.sara.to/sigure/trea/p43.jpg
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/1530833254/kido_saori_400x400.jpg
ttp://c.share.photo.xuite.net/yoketsu/1ce9fc5/5077232/1061604565_o.jpg
ttp://4.bp.blogspot.com/_-5PAC4QBRiY/SD4QLp_N50I/AAAAAAAAALE/DSqGPy4Tjqc/S226/saori.jpg
ttp://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/g8676315.jpg
ttps://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/34/14/bb/3414bbc123d466ad2004bd6b1d9b6e5f.jpg

、、アラビアについては放置して、、パレスチナ問題とか、、イライラ戦争とか、、させるようにさせてきた、、。

、、身のほどを知れ、、と、、。

、、一方、、私のほうは、、岩盤割りの領域で、、誰もが言わないことを堂々と言って通していく、、。

、、ここで、、アラビアの連中は持ち直していくはずなんだ、、。、、最後の話、、岩盤割り、、分離の話が、、私から届いていく、、。

、、後で気づいたら、、イランはルパンの関係の印象が強い、、。、、ヨルダンなどについては、、さっさとルパンの関係が手配して別けていったような感じがする、、。
584投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 20時38分25秒

、、一方、、ヒョウホンというもの、、。、、これは、、7000年位前までにはあったはず、、。、、機械人間としてtanasinnが作り出した、、。

、、村にやってきて殺戮して乗っ取って、、最後に、、数人の人のことについて、、そいつをヒョウホンにする、、と告げて締めくくる、、というもの、、。

、、始まりはインディオの地です、、。、、サウロン・tanasinnがインディオの地にやってきて最後に命以上のものを貰ったというもの、、。

ttp://livedoor.blogimg.jp/jan_mori-mori/imgs/8/7/876fc16c.jpg
ttps://www.youtube.com/watch?v=PM4kLnRr0ZI

、、岩盤割から人から外して四大霊となったものを更にロボット人間として使うというもの、、。、、穢多の起源、、。、、イタ、、イタデンのイタ、、イタ、、板、、組み込んで使って木っ端微塵に消えていく、、というもの、、。、、居た、、。、、イタコ、、イタの子、、霊媒師、、超能力者、、。、、イタ屋、、板前、、板になる前、、。、、射て、、鋳て、、凍て、、。、、逝て、、逝てもうたる、、とか、、。

、、本当は、、サウロン・tanasinnが操っているのだが、、ヒョウホンにされて改造の手入れをされた人が、、何者よりもうまく立ち回れる、、というもの、、。、、そして、、神と同様のものとして位置づく、、というもの、、。

、、インディオは悪魔の進化の位置付けの種族だから、、消えてなくなっていくものを神として尊ぶようになっている、、。、、犬神崇拝、、。、、そこで、、tanasinnは超越神として畏れられた、、。、、同様にヒョウホンは神に近い位置を占めた、、。

、、本来ならば、、大したことのない人だが、、ヒョウホンのロボット人間に改良されて使われることで有用となったものだが、、これは江田島からいわせれば、、ありえないものであり、、無に帰していくものを意味する、、。

、、アレは確か、、1000年から3000年くらい使い込んだのかな、、?、、解るか、、?、、どこで進化から外れていて、、歴史を理解できないようになってしまっているか、、。

、、私は、、サウロン・tanasinnの参謀だったから知っていた、、。、、そういうのを見せられてきた、、。
ttps://res.booklive.jp/129168/001/thumbnail/2L.jpg

、、ところが、、はじめにメイカの手入れがあったのは城戸・ルパンだった、、。、、次に、、メイカの手入れがあったのは、、江田島だった、、。、、この時に、、二人は地球人類抹殺の世界制覇から動くこととなった、、。、、もう、、さっさと地球人類をぶっ壊して殺しぬかないと手遅れとなる、、と、、。

、、メイカの手入れの問題なんか、、説明しても理解されない、、。、、これは、、殺しぬかないと解るまい、、と、、。、、もう、、地球人類の全てを壊すんだ、、と、、。

、、城戸は、、4000年ぐらい前からヒョウホンとなりだしていた、、。、、いや、、3万年ぐらい前からゆっくりとtanasinnに手入れされていった、、。、、あのときには、、いつでも脳出血で壊して捨てていけるようになってしまっていた、、。
585投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 20時52分45秒

、、一時期、、ルパンは消えていくヒョウホンとして見せられていたときがあった、、。

、、江田島は、、わかり次第、、直ぐに、、人と神の分離を行うことに決めたため、、先ず、、地球人類の究極の最高位のボスに死んで従うようにするために地球人類の抹殺を開始した、、。

、、民主主義に持っていく前に、、こう言う段取りがあった、、。


586投稿者:言質  投稿日:2017年07月28日(金) 22時12分52秒

、、江田島がメイカやヒョウホンに気づいた時は、、それは皆殺し、、という即決ができたのは、、それは、、地球人類の究極の最高位だったからだ、、。、、最も真実に近い人、、。、、10万年前、、天文の領域の人、、数万年前、、究極の医者、、そして、、数千年前、、究極の改革者、、。
ttp://lohas.nicoseiga.jp//thumb/3853206cz?

、、、このメイカやヒョウホンに気づいたとき、、それがありえないものを意味するのを見抜いてそれが何を意味するのか直ぐに解った理由は、、絶滅種から既に知っていた問題だったのだ、、。

、、サウロンはありえないものをつくり、、そして、、本当の意味で壊して消して絶やすことをしてきた、、ということ、、。
http://amezor-x.net/cgi-bin/res1.cgi/anime/161218075029/94-96
https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1482012642/111-112

、、そこで、、人を纏める文明へともっていったのだが、、そんな流れで、、更に、、サウロンがメイカやヒョウホンをやっていたのを江田島が見たとき、、数万年前の動物の消滅の次の人間の消滅のときが来た、、ということに直ぐに気づき、、このときは単独で、、動物以上のところで人を殺しぬく対処を取ったということ、、。
ttp://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/cr_otokojuku/character/img/img12.jpg

、、次は人が消えていく、、。、、それは、、サウロン・tanasinのことだ、、。

ttps://lh3.googleusercontent.com/-MYY-zUf5O_M/AAAAAAAAAAI/AAAAAAAAABE/jqa3jtlTOtQ/s640/photo.jpg

、、つまり、、サウロンや悪魔がありえない動物を作ったように、、今度は悪魔がありえない人のサウロン・tanasinnを作った、、と、、。

、、今度は、、人が消える、、。、、動物以下へと分離していく人を見ることになる、、。、、これは大変だ、、と、、。

、、人が違う前に、、それ以上のところで、、理解もされずにひたすら進行と悪化を見る前に、、民主主義の実現を急ぐのだ、、と、、。

Notice: Undefined variable: ls in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: at in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129

Notice: Undefined variable: lskey in /home/users/2/an-donut/web/zor4/res.php on line 129
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加