新聞記事について語る 《 2 》
239投稿者:言質  投稿日:2019年03月01日(金) 06時56分43秒

、、サウロン・tanasinnの神や、、他のオエー鳥やヌケドやクマーやカワイソスなどの神の正体の話、、結論としては、、その領域の人間は年代の違う消えていく神の元で成り立ち消えていく人を意味する、、。、、ありえないものがありえないものとして消えてなくなっていくということ、、。

、、大昔に神が本当に壊して捨ててあった消えてる神から成り立った人間があり、、人間のほうはまだ人間同士のうちで切り捨てられてはおらず、、進化の人間や神々に混ざり進化をむさぼることが出来るので、、消えてる神はその人間が人間から外されて消えるまでは利用し続けることができ、、このことでなりたつ、、ということなのだ、、。

、、tanasinn、、ヌケド、等の集団ストーカーの類は、、黒魔術の組織を意味するのだが、、消えてなくなっている神のものであり、、黒魔術の神の実在の根拠を意味するのだが、、それが彼らの呪い殺しの黒魔術の意志兵器のもの、、ということだろう、、。(、、組織犯たちは、、全てイヌの群れ、、進化でない根拠も脈絡もないもの、、。、、一方私はトラやウシであり、、進化のもの、、正義である、、。)
ttps://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fb-f6/kaokao_ibu/folder/470557/42/6277742/img_0
ttps://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg3bcQpRNfXf8XQFNVIh_leQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-10149230410
ttps://pbs.twimg.com/profile_images/752055565476503552/933JtqjV_400x400.jpg
ttp://takashi1016.com/wp-content/uploads/2014/01/satanism-900x720.jpg

、、黒魔術と言うのは、、その基本となる入門は、、生贄であり、、動物を選び、、その動物を本当に壊すことを訓練してなおかつ進化する、、ということを覚える性質のものなのだ、、。

、、当然その黒魔術の組織犯の神は、、その連中と同様のものであり、、生贄として特定の人を捕まえて本当に壊して人類全体を本当に変えてしまう、、というところからきている、、。、、そのときに黒魔術の組織犯を使うのだ、、。、、黒魔術の組織犯たちはこのとき、、消える神の元で消えていく運命の意思決定をした、、ということなのだ、、。、、このとき、、集団で一人の人を狙うのだが、、そこには、、更に進化しない消えていく神が絡んでおり超常現象が見られるということなのだ、、。、、魔術能力を持った集団が一人の人を全力で壊す、、という、、。

、、その神=悪魔は、、生贄で壊れた人の存在に気づかない他の人や神を悪魔の支配下の下僕として配置して操作していく、、ということで世界制覇を成し遂げるのだ、、。

、、それは、、結局、、全てのものが消えている有様を意味する、、。

、、このとき、、誰かが本当に壊されているのに人類や神々が気づかずに普通に通すような場合は、、まず、、本当のことを教えるために神や人を本当に壊して何かにするのだが、、それが私の役目だったのだ、、。、、そこで民主主義の世界制覇を行ったということなのだ、、。
、、人類や神を本当に壊し、、何かにし、、進化しない人や進化しない神を本当に壊して捨てる、、と言う目的のためだったのだ、、。
 、、この問題によって、、地球人類の究極の最高位の江田島は、、進化しない人間と神々を捨てる人類史上の最も恐ろしい決定のために、、民主主義の世界制覇を考えだしたのだ、、。
ttp://tn.smilevideo.jp/smile?i=23106836.L

、、民主主義の世界制覇は、、もはや、、無駄なものは仲間といえども本当に神や人を消してしまう最も恐ろしい目的のものだったのだ、、。

、、従って、当時、、江田島の言うことを理解できなかったインド人については普通に拷問の虐殺で壊すという問題だったのだ、、。

、、もはや、、進化しない神や進化しない人間を消すまでは、、世界中を徹底して壊しぬく、、無駄なものは本当に滅ぼしつづける、、ということなのだ、、。
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加