新聞記事について語る 《 2 》
278投稿者:言質  投稿日:2019年05月12日(日) 08時55分46秒
http://amezor-iv.net/res.php/main/180618220942/240
http://amezor-iv.net/res.php/main/180618220942/239

、、その組織犯どもは、、本当に罪もない誰かを刳り貫いてしまったり、、本当に消したりする破壊力を身につけているところからきており、、連中を消さないと神々をも含むあらゆるすべてのものが消えるようになっている、、という事がわかっている、、。
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AD%BB%E7%A5%9E&hl=ja&tbm=isch&tbs=rimg:CZym476JAJovIjjIFvThbjQ5JCJ079X5MViK26pkgb9hS-NRz9m5XrxZCCy772_1NdE-ij3u7PnrXdRLLlc5LRZZLOSoSCcgW9OFuNDkkET4AA-RiQQwEKhIJInTv1fkxWIoRFvdnEFesNtEqEgnbqmSBv2FL4xFlsrFe5MFeLioSCVHP2blevFkIEXZbTtf2zob2KhIJLLvvb810T6IRA1hT1SkmY7gqEgmPe7s-etd1EhFFg7gId0RKRyoSCcuVzktFlks5EcKMKZcfx7zq&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwibspzuz5TiAhVeyYsBHRBJB4AQ9C96BAgBEBg&biw=1366&bih=657&dpr=1
ttps://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggZIcCnemTvMB_WF.r1jEJ7w---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-12142548212
ttps://arda.saloon.jp/index.php?plugin=ref&page=%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%B3&src=vlcsnap-00083.jpg
ttp://livedoor.blogimg.jp/doyonojun/imgs/d/7/d7bb1a53.gif

、、全然違った強烈無比の時空のゆがみの力で刳り貫いたり引きちぎったりして本当に元どうりにならない仕方で壊してしまうのだ、、。
、、大昔からの巨大な年代の領域で身内だったものなどを元どうりにならないような壊し方を平気で簡単にする、、。

、、キが飛ぶ、、奇怪飛ぶ、、誰にも理解しえない現象、、これが連鎖するのだが、、これこそ本物の破壊、、。、、消滅の根本現象である、、、。

、、壊れたら解らなくなる、、という問題だが、、本当の破壊力とはそういうものだ、、。、、ただし、、解らないことについては、、無視する問題であり、、壊すものを壊して捨てて消す問題となる、、。、、これだけは、懺悔ではない問題だ、、。、、泣こうが喚こうが、、壊すのをやめずに壊し続け、、本当に消してしまう問題だ、、。

、、この領域で、、進化の力のないものは本当に消えていくことが決まる、、ということなのだが、、地球人類や神々のほとんどは知ることはなく、、知るのは究極の最高位のクラスの一部の中枢部のみだ、、。

、、地球人類の究極の最高位は、、消えるものははじめから決まっており、、誰がいつ消えていくか、、という議論まで行うことがあるということ、、。、、進化せずに消えるものについてははじめから知っており、、捨てるときが来たら本当に捨てて消してしまうのだ、、。

、、それは残酷なようではあるが、、そのことによって進化するもののみが残り、、進化するものが滅ばずに消えずにすむということなのだ、、。、、これが神々と地球人類の正体であることが証明されるときが来るというのだ、、。、、神々も地球人類も、、もとより、、消えるものは消えるものとして消えるときに消すことがはじめから決まっていた、、ということで成り立っている性質のものである、、というのだ、、。

、、この領域で、、組織犯は、、完全犯罪をやめることはない、、。、、ウチラを怒らせたら本当に消えることになるのを知ってはいるが、、完全犯罪をやめることなく続ける、、ということなので、、このことが、、懺悔の通用しない処置を決定付けるということなのだ、、。、、なぜウチラに逆らい続けてきたのか、、?、、組織犯を選び組織犯から死んでまで逃げることもないのか、、?、、それは、、ウチラで消える意思決定をしたという事だろう、、。

、、彼等は、、ウチラを恐れて完全犯罪をやめるということはないし、、もとより、、手遅れな事をしてきており許されるわけがなく、、いずれ消される、、ということについて知っているために、、組織犯を辞めることのない問題なのだ、、。

、、このことで、、ウチラが組織犯を本当に消すことが進行し、、本当にそうなる、、ということなのだ、、。
ttps://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140330%2F14%2F1110024%2F18%2F450x1000xe846958bafe0139fe94a108.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
279投稿者:言質  投稿日:2019年05月12日(日) 09時26分28秒

、、、組織犯たちは、、消えていい、、という意思決定をしている本音の意思表示を読み取ることが出来る、、。

、、消えていいから、、消していいからそうしろ、、と、、。

、、これは、、消えるものが消えるべきときに消えていく分離をなす、、進化の自然法則とも一致を見る、、。

、、、自然法則にはんしたありえないことを通されることほど苦痛なものは、、組織犯にも他の一般にもありえない、、ということなのだ、。

、、組織犯たちにとっても消えようとしているときに消えることなく残されることほど苦痛なことはない問題だ、、。


、、、分離の全然違った年代の問題については、、地球人類のほとんどは解るまい、、。、、このことについては、、進化の最中枢部の一部の究極の最高位の領域の人間にしか知りえない問題なのだ、、。

ttps://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140330%2F14%2F1110024%2F18%2F450x1000xe846958bafe0139fe94a108.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
ttp://tn.smilevideo.jp/smile?i=23106836.L
ttps://stat.ameba.jp/user_images/20140913/10/asamaruly/d8/fd/j/o0400071013064980732.jpg?caw=800
ttps://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTKj_S-JZ2eGcfsJ5PKpx8a63viQVlUveyHqncJqgFKziMnXvF5
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加