'19知事選:性別欄削除の賛否は?/愛知 [思想政治]
1投稿者:性別移行者も投票に行きやすく  投稿日:2019年01月31日(木) 00時02分05秒
'19知事選:性別欄削除の賛否は?/愛知
――榑松氏賛成、大村氏回答無し――
https://mainichi.jp/articles/20190129/ddl/k23/010/152000c

■LGBT支援団体アンケ
2月3日投開票の知事選を前に、
東海地方のLGBTなど性的少数者やその支援者でつくる会
「レインボーなごや」は28日、
立候補している2氏の
性的少数者に関わる政策課題についてのアンケート結果を
公表した。

投票所入場券や印鑑証明書などの性別欄を
削除することへの賛否などをただした。
同会によると、
新人の榑松佐一(62)が賛成の意見を示す一方、
現職の大村秀章氏(58)は期限までに回答がなかった。
今後回答が届けば同会のツイッターで公表するという。

また、
同会は28日、
県選挙管理委員会に対して、
性的少数者に配慮した選挙事務の
徹底を求める申し入れをしたことを明らかにした。
2016年の参院選や17年の衆院選でも
同様の申し入れをしている。
県選管では衆院選から、
投票所での本人確認時に
年齢や性別は小声で確認するなどの配慮をするよう
各市町村選管に求めている。
こうした取り組みは全国でも先進的で、
既に投票所入場券に性別欄が残っているのも
弥富市など一部に限られているという。

共同代表の山口徳明さんは
「投票所で大きな声で性別を確認されるために
 投票に行かないという話も聞く。
 本人確認の必要性は理解しているので、
 より配慮が進めば」と話している。
【道永竜命】(『毎日新聞』1月29日なごや近郊版)
2投稿者:性別移行者も投票に行きやすく  投稿日:2019年01月31日(木) 00時02分47秒
LGBT支援団体の公開質問、候補者の回答公表
http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/aichi-chiji2019/news/CK2019012902000243.html

性的少数者(LGBT)らの支援団体
「レインボーなごや」は二十八日、
知事選の候補者への
LGBTに関する公開質問状の回答を公表した。

公的書類から性別欄を削除することなどの賛否を問う
選択式の四問と、
LGBTに関する政策案を尋ねる記述式の二問。
県労働組合総連合(愛労連議長)の新人
榑松(くれまつ)佐一さん(62)は
性別欄の削除に「賛成」と答え、
記述回答では
「性的少数者を含め
 全ての県民の尊厳や権利が侵されない社会」の実現を
訴えた。
現職の大村秀章さん(58)からは
二十七日の期限までに回答がなかった。
団体は回答が寄せられ次第、
ホームページやツイッターで公表する。

団体は
県選管にも投票所でのLGBTへの配慮を文書で申し入れた。
投票入場券への性別の記載や、
投票所での本人確認の際に
性別を口頭で聞くことをやめるよう求めた。
県選管は既に二〇一七年十月の衆院選から、
要請に基づく配慮の実施を市町村選管に周知している。
団体によると、
今回の知事選では
弥富市などを除く大半の市町村で
入場券の性別欄が削除された。
(『中日新聞』2019年1月29日朝刊愛知県内版)
3投稿者:性別移行者も投票に行きやすく  投稿日:2019年01月31日(木) 00時03分20秒
'19知事選:大村氏回答届く/愛知
――LGBTアンケ すべて賛成意見――
https://mainichi.jp/articles/20190130/ddl/k23/010/268000c

LGBTなど性的少数者やその支援者でつくる会
「レインボーなごや」は29日、
知事選の候補者に対して実施したアンケートの回答が
現職の大村秀章氏(58)から届いたことを明らかにした。

同会は
投票所入場券や印鑑証明書などの性別欄を削除することへの
賛否などを候補者に問い、
大村氏はすべての質問に賛成の意見を示した。
この中で大村氏は
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために市町村などと連携し、
 様々な啓発に取り組む」などとしている。

アンケートは
新人の榑松佐一(62)が期限までに回答した一方、
大村氏は期限までに回答していなかった。
【道永竜命】(『毎日新聞』1月30日なごや近郊版)
4投稿者:性別移行者も投票に行きやすく  投稿日:2019年01月31日(木) 00時03分37秒
大村さんの回答も公表
――LGBT支援団体の公開質問――
http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/aichi-chiji2019/news/CK2019013002000200.html

性的少数者(LGBT)らの支援団体
「レインボーなごや」が
知事選の候補者に送ったLGBTに関する公開質問状に、
現職の大村秀章さん(58)が二十九日、回答した。

公的書類から性別欄を削除することなどの賛否を問う
選択式の四問と、
LGBTに関する政策案を尋ねる
記述式の二問。
大村さんは性別欄の削除に「賛成」と答え、
記述回答では
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるため、
 さまざまな啓発に取り組んでいく」と回答した。

団体によると、
県選管は二〇一七年衆院選から
市町村選管に配慮するよう伝え、
今回の知事選では多くの市町村で
投票所入場券の性別欄が削除された。
新人の榑松(くれまつ)佐一さん(62)と
大村さんの回答は、
団体のツイッターで見られる。
(『中日新聞』1月30日愛知県内版)
5投稿者:性別移行の有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 21時06分37秒
19知事選:LGBT支援「前向き」 両陣営

2月3日投開票の県知事選に向けて、
性的少数者(LGBT)団体「レインボーなごや」は、
新人の榑松(くれまつ)佐一氏(62)と、
現職の大村秀章氏(58)に行った
LGBTに関するアンケート結果を公表した。
いずれも前向きに取り組む姿勢を示した。

アンケートは6問で、
投票所入場券や
印鑑登録証明書の性別欄削除などについて聞いた
選択式の4問と、
政策全般を記述式で書いてもらう2問。

2氏は4問について、
ともに賛成の立場をとった。
記述では榑松氏が
「すべての県民の
 人間としての尊厳や権利が侵されない社会のため、
 県民の声を受け止める県政にする」、
大村氏は
「差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために
 市町村や民間団体等と連携し、
 様々な啓発に取り組む」と
それぞれ回答した。

県選管によると、
今回の知事選では、
半数以上の自治体が
投票所入場券で性別欄を廃止しているという。
同団体の担当者は
「積極的に取り組もうとしていることがわかった。
 県政でこうした政策が推進されることを期待している」と
話した。
回答は同団体のツイッターで閲覧できる。
(『読売新聞』1月31日名古屋市内版)
6投稿者:性別移行の有権者に配慮を  投稿日:2019年01月31日(木) 21時07分04秒
性的少数者政策 2氏の回答公開 民間の支援団体

東海地方の性的少数者を支援する
民間団体「レインボーなごや」(名古屋市)が、
知事選に立候補している
新顔の榑松佐一氏(62)と、
現職の大村秀章氏(58)に、
性的少数者についての政策課題を尋ねたアンケートを実施し、
結果を公表した。

知事選の投票所入場券や、公的書類の性別記載について、
2人とも削除に「賛成」と回答。
性的少数者に関わる政策全般について、
榑松氏は
「すべての県民の人間としての尊厳や権利が
 侵されない社会のために、
 県民の声を受け止める県政にする」、
大村氏は
「性的少数者に対する差別や偏見をなくし、
 正しい理解と認識を深めるために、
 市町村や民間団体などと連携し様々な啓発に取り組む」と
答えた。
全回答は団体のツイッター(@rainbow_758)で公開している。
(『朝日新聞』1月31日名古屋版)
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加